【本日限定】Amazonでセール開催中

ワイヤレスイヤホンをなくさない方法4つ!落下防止も防ぐ対策!

ワイヤレスイヤホンの特徴といったら、何と言ってもコードがないこと!

コードが今までどれだけ邪魔をしていたんだ?!って感じですよね。

でも、そのコードがないことである不安が出てきてしまいます。

それが、落としそう!落としてなくしてしまいそう!という不安。

音楽を聴いてる最中に落としたりする場合は良いですが、音楽を聴いていない時になくしたりしたら、どこでなくなったのかがわかりませんよね…

他には聴いてる最中に落ちて、見当たらなくなったり、溝に落ちたりして取れなくなったりとか。

そこで、せっかく買ったワイヤレスイヤホン。何かなくさない方法はないのか?

ワイヤレスイヤホンにハマった私が知りたくなったので、ちょっと調べてみました!

ワイヤレスイヤホンをなくさない方法について

ワイヤレスイヤホンをなくさないために行う方法は大きく分けて4つ!

それぞれについてご紹介していきたいと思います!

マグネット搭載モデルにする

ワイヤレスイヤホンをなくす時は、片方だけなくした。

いつの間にか落としていた。

なんてことがあり、片方だけでは聞くことができないので、また新しいものを買い直す羽目に…

そんなことを防ぐために、ワイヤレスイヤホンにマグネットを搭載したものを購入するということ。

使用していない時はイヤホン同士がマグネットによる磁力で、お互いがひっ付きます。

お互いがひっつくので片方だけなくしてしまうということは防げます。

逆を言えばなくす時は両方同時とも言えますが…

ですが、片方だけ持っていても意味はないこともないけど、あまり実用性はないですよね。

それならば、マグネット搭載のものを購入して片方だけなくすことを防ぐという方法も一つの手だと感じています。

常にケースと一緒に持ち運び、使わない時はケースに入れる

最も基礎的なことになりますが、ワイヤレスイヤホンを購入したら、一緒に充電ケースも付いてきますよね。

付属される充電ケースは、ワイヤレスイヤホンにピッタリサイズのケース。

だから、ワイヤレスイヤホンで音楽を聴く時は必ず一緒にケースを持ち運ぶことをするのが一番の得策です!

またケースを持ち運ぶことで、使わない時に保存すると充電できるというメリットがあります。

充電できることで電池切れを防ぎ、音楽を聴き続けられるというメリットですね。

イヤホンストラップを使う

AirPodsを使っている人向けのイヤホンをなくさない方法です!

イヤホンストラップで対策します!(イヤホン同士をコードでつなぐこと)

せっかくワイヤレスになったのに、コードありになるじゃん。

そう思うかもしれません。おっしゃる通りです。

ですが、なくした時のことを考えたら、ないよりは良いと言えます。

だってAirPodsはなくしたら片方だけの注文になる。

しかも注文もライセンスが必要ですし、注文からの到着まで日にちがかかるという面倒さがあります。

コードで繋げることで、片方だけをなくしにくくなるというメリットが出てくること。

また、片方だけ落ちて溝に落ちて取れなくなるということも防げる可能性が上がります。

ただ、コードを付けると充電ケースに入れられないのが難点。ケースに入れるたびにネックストラップを取り外す必要性があるので、面倒くさがりやさんにはちょっと不向き。

また、AirPodsに対応しているネックストラップはたくさんありますので、自分好みの色なんかを探してみるのも手かもしれません。

イヤーフックカバーでコードレスでもなくさないように対策!

これまたAirPodsようになってしまいますが、こちらはネックストラップとは少し違います。

ワイヤレスイヤホンに付けるカバーになります。

耳にかけるフックが付いた、シリコンカバーです!

シリコン素材なので耳にフィットして失くしにくくなっています!

探してみたところ、良さげなのが3種類あったのでご紹介します!

こちらもネックストラップ同様に、カバーを外さないとケースにしまうことができないのが難点です…

ワイヤレスイヤホンをなくさない方法のまとめ

ネックストラップを使う

✅落下防止のためにイヤーフックカバーをつける

✅マグネット搭載のものを使って片方だけなくすということを防ぐ

✅充電ケースと一緒に持ち運び、使わないときは常にしまっておく

以上のことが、現時点でできるワイヤレスイヤホンをなくさない為の対策になります。

また何か情報が入ったら、もしくは良い案が思いついたらご紹介していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。