【本日限定】Amazonでセール開催中

Purestのレビュー!AirPodsの音質はよくなる?カナル型イヤホンになるのか?

この記事は、Purestを実際に買って、AirPodsに使ってみたレビューになります!

カナル型イヤホンのようになると言われているPurest(ピュレスト)

 

カナル型になることで、AirPodsの弱点だった音漏れや音質が変わると言われています。

さてどうなのか?

私が実際に使って思ったメリットやデメリットなどを、ちょっとご紹介していこうかと思います!

AirPodsにPurestをつけてみた画像

AirPodsにつけるとこんな感じ。

 

実際に耳につけるとこんな感じ

Purestのメリット

メリットに関して大きく分けると3つあるので、それぞれについてご紹介していきます。

外れにくい

実際にAirPodsにPurestを耳につけて一番思ったことは、フィット感が増す!ということ。

AirPodsを今回のようなカバーをつけずに耳につけると、外れそうだと思う人も多いかと思います。

というか実際に使っていて、私自身も思ったことがあります。

 

しかし、Purestをつけると耳にしっかりと吸着してくれるので、外れそうだという感覚は激減しました!

これが一番の印象。

音漏れが激減したと感じた

※私自身はあまり大きい音で音楽を聞いたりしないですし、音質にも満足しているAirPodsユーザーの意見と捉えてください!

音漏れに関しては減ったと感じる。

 

カナル型ほどではありませんが、耳にぴったりとフィットするようになったので、音漏れは減ったと感じます。

Purestをつけない状態の音漏れを10とすると6くらいに減った感じです!

重低音の音質が特によくなった

AirPodsの弱点とも言えた重低音。

Purestをつけることで、重低音がより鮮明に聞こえるようになりました。

 

一番わかりやすいのが、AirPodsを耳につけた状態でAirPodsを指で耳に押し込んだ時に聞こえる重低音によく似ています。

本当に重低音を重視している人だと物足らないかと思いますが、AirPodsだとちょっと物足りないと感じる人にはちょうどいいかと感じました!

Purestのデメリット

もちろんメリットばかりではありません。

Purestにもデメリットがあると、私自身思いました。

大きく分けて2つ、ご紹介していきます。

Purestをつけた状態で充電ケースに入れると蓋が閉まらない

AirPodsを使わない時は、充電ケースにしまうと思います。

Purestをつけた状態で充電ケースにしまうと、充電自体は可能ですが蓋が閉まりません…

 

Purestをつけたまま充電ケースに入れるなら、蓋が開いて落ちないようにするために、紐やゴムなどで固定する必要があると感じました。

Purestの取り付けがちょっと難しい

Purestを取り外すことは、特に何も考えずに取り外せます。

しかし、問題は取り付けるとき。

 

AirPodsに取り付けるとき、引っ張ったりしないと取り付けられないので、破りそうに感じます。

他にも取り付け用にも、カバーが内側に引っかかってうまくつけられないとも感じました。

Purestのレビューまとめ

AirPodsの音質や音漏れを気にしている人の場合はすごくおすすめ!

ただし、取り付けがちょっと面倒ですし、それに充電ケースにしまったら蓋が閉まらないというデメリットがあります。

デメリット以上に音質と音漏れを機にする人は、必須アイテムだと個人的に思いました!

 

AirPodsを使う上で、Purest以外にもアクセサリーがたくさんあります。

記事にまとめたのでよかったら参考にしてみてください!

関連記事>>AirPodsに関するアクセサリーを全部まとめた!あると便利なものも紹介!

 

また、AirPodsを使う上で知っておいたほうがいいことがあります。

なくしてからシリアルナンバーや、AirPodsの探し方など。

基本的な使い方から、便利な設定なども記事にまとめてありますのでよかったら参考にしてみてください。

関連記事>>AirPodsの便利な使い方と知っておくべき設定や操作を全部まとめてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。