【本日限定】Amazonでセール開催中

ランニングやスポーツに最適な完全ワイヤレスイヤホン8選!

ランニングやスポーツをしながら音楽を聞きたいですよね。

通常のイヤホンで音楽を聞いていると、

 

コードが邪魔!!!!

 

なんてことないですか?

今注目の集まっているワイヤレスイヤホンは、個人的にランニングやスポーツをする人のために開発されたのでは、と思ってしまうほど。

 

ワイヤレスイヤホンとか言いつつも、コードでイヤホン同士が繋がれているものがありますよね。

しかし、イヤホン同士繋がれたコードも不要!という人には完全ワイヤレスイヤホン一択です。

※完全ワイヤレスイヤホンとはAirPodsのように左右分離型のワイヤレスイヤホンです。

 

そこで今回は、音楽を聞きながらランニングやスポーツに集中できるワイヤレスイヤホンを8つ、紹介していきたいと思います!

また、使っても音質が悪いとか、音がよく飛ぶなどが極力ない、最低限の品質のあるものをご紹介していきます!

X3T

✅ワイヤレスイヤホンが初めてで、何がいいのかわからない。

✅品質も良くて、ランニング中も落ちないものが欲しい。

✅でもなるべく安いのがいい

そんな人にはX3Tがピッタリ!

私自身も使ってみてiPhoneに純正で付いているearpodsの音質とそれほど変わらないと実感しています(若干悪いとは感じますが、大差は感じないくらいこと、低音がearpodsに比べてよく聞こえる)

また、激しい運動などをしても耳にピッタリ吸着するのでかなり耳から落ちにくいです!

 

激しい運動をしても個人的には大丈夫と感じるほど。

アマゾンでの評価もいいものが多いですし、コスパのことも考えると初めてのワイヤレスイヤホンには最適だと個人的に感じてます!

Vicstar

✅お手頃価格で欲しい。

✅なおかつランニングをするので、汗をかくからそれなりの防水機能も欲しい。

そんな人にはVicstarの完全ワイヤレスイヤホンが最適!

値段も5000円以内でIPX5の防水機能を備えています。

IPX5とは、電子機器の防水性能に関する等級のうち、「防噴流形」、すなわち、水の噴射を直接浴びても機器本体に有害な影響がないことを表す等級である。 防水性能の等級は、防塵性能の等級とともに(保護等級として)日本工業規格で定められている。引用:weblio

また、5000円以内ということで落としてなくしてしまうこと。

防水機能があったとしても汗で壊れたり、ランニング中に何度も落として壊れたりしても、財布へのダメージも少なくて済みます。

お試しにはちょうどいい、コスパのいい完全ワイヤレスイヤホンになります!

MYCARBON

ランニングは毎日の日課。

でも仕事をしていると、ランニングをするのは夜中。

もし夜中にワイヤレスイヤホンが落ちたりしたら、見つけるのに大変なことになりかねない。

お金を出して買っている以上、なくすことは少しでも避けたいですよね。

 

MYCARBONはライトも付いていて光るので、もし落としたとしても安心!

さらに落ちないように、イヤーピース(イヤホンにつける際大きさを調整するカバー)付き!

思う存分動いても、落ちにくいように調整できます。

 

また先ほど紹介したVicstar同様に防水機能もあり、値段も5000円で買える代物。

さらにはAmazonで購入した場合は12ヶ月の品質保障期間もあるので、もし何かあったとしても安心できますね!

ERATO Apollo7

✅音質にもこだわりたい

✅ランニング中も音にはこだわりたい

✅なおかつ防水は外せない

そんな人にはERATOのApollo7。

また、非常にコンパクトで耳栓をしている程度にしか見えないほど。

シンプルな見た目で私は好きです!

 

充電よし、音質よし、防水よしでまさに「完全」という言葉がふさわしい完全ワイヤレスイヤホンです!

ただ一つ欠点があって、お金に余裕がある人限定です笑

AirPods

完全ワイヤレスイヤホンといえば、やっぱり王道AirPods。

iPhoneを使っているならApple製品ということでセットで使いたいところですよね。

実際に私もAirPodsを使用していますが、耳から落ちそうだとは感じません。

もちろん人によるかと思います。

 

AirPodsの実際の大きさは、iPhoneを購入したら付属として付いてくるearpodsとほぼ同じ。

なのでearpodsが耳から落ちない場合、AirPodsを使用しても問題ないです。

 

また、仮に落としそうなんて不安があってもさすがはApple製品。

対策するための製品がいろいろ販売されています。

イヤーフックだったり、カバーだったり。

 

また、音質もearpodsと差はありません。

充電の方も1度で5時間ほど持ちます。

音質といい、充電といいバランスのとれた完全ワイヤレスイヤホンです!

AirPodsをどうしても使いたい!でもちょっと高いなんて人には、AirPodsにそっくりな完全ワイヤレスイヤホンなんてものもあります。

最安では800円なんてものもあります。全部で6つあり、記事としてちょっとまとめました。

関連記事>>AirPodsにそっくりで似てるワイヤレスイヤホン5選!800円が最安?!

Zolo Liberty+

✅すぐ壊れたりしたら心配

✅だから保証が欲しい

✅防水機能は外せない

Amazonで購入した場合、なんと18ヶ月という長期の保証期間があります。

何かと心配な方には、安心のできる保証内容。

ケースから取り外したら、勝手に立ち上がってくれる電源。

 

ものによっては自分で立ち上げないといけないものがあるんですけど、電源を入れる手間が地味に面倒なんですね。

自動で電源が立ち上がってくれるのは大助かりですよ!

B&O Play

一般的なワイヤレスイヤホンでできないことがB&O Playではできます。

それが何かというと、音質の調整。

他にはないウリ。

音質の中でも「上品」な音質にこだわりたいならB&O Play一択です

まるでホールで聞くような音なので、クラシック音楽などを聞く場合はB&O Playが最適です。

Bose SoundSport Free wireless

重低音にはこだわりたい!

重低音は外せないというなら、やっぱりBoseのワイヤレスイヤホンは外せないでしょう。

 

また、思わずなくしてしまった場合もBluetooth機能で探すことができる優れもの。

高級品なので万が一のことを考えて、なくさないための対策は大事ですよね。

完全ワイヤレスイヤホンの簡単まとめ

コスパ重視ならX3T、Vicstar、MYCARBON

バランスのとれた完全ワイヤレスイヤホンならAirPods、ERATOのApollo7

とにかく音質が大事だという場合はB&O Play

保証期間が長いものがいいならZolo Liberty+、MYCARBON

重低音にこだわりたいならBose一択!

ワイヤレスイヤホンのまとめ

完全ワイヤレスイヤホンは普通のイヤホンに比べると、どうしても割高のものが多いです。

そのために、購入して失敗したくないと思う人が多くなります。

しかし、ある程度の値段を出すと、失敗なんてことはほぼ防げます。

私自身が実感しています笑

 

ここで紹介していないもの以外にも安いものはありますが、安いものほど質が悪いです。

充電時間や音が切れるなど。

しかしここで紹介したものは、最低限のイヤホンに求められる質があるものを紹介してきましたので、ぜひ参考にしてみてください!

また、これからもたくさんの完全ワイヤレスイヤホンが出てくるかと考えられますので、新しくいいものが出た場合、随時更新していきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。