【本日限定】Amazonでセール開催中

iphoneにおすすめのワイヤレスイヤホン6!厳選して紹介!

多くの人が持っているスマートフォン。

その中でも一番多いのがiPhoneですよね。

しかしiPhone7からイヤホンジャックというものが廃止され、今までのコード付きイヤホンで音楽を聞くということをなくすような状況に。

 

その結果Appleから発売されたAirPodsを筆頭に、ワイヤレスイヤホンの需要が急激に伸びてきています。

大手家電量販店を見ると、専門コーナーをもうけられるほど需要が高まってますよね。

需要が急激に伸びたために、各社からたくさんのワイヤレスイヤホンが発売されるような現在。

 

iPhoneにおすすめのワイヤレスイヤホンって何がいいの?ということで、厳選して6つ紹介していきたいと思います!

やっぱりiPhoneにはAirPodsが一番

iPhoneを持っているなら、iPhoneと合わせて使うことで性能を存分に発揮できるAirPods。

もちろん私自身も持っていて、実際に使っています。

iPhoneにしかないSiriという機能をワイヤレスイヤホンで使えるのはAirPodsだけ。

earpodsからコードがなくなって音量調節や曲のスキップなどできないと思うかもしれませんが、AirPodsでも設定さえすれば、AirPodsをダブルタップするだけでスキップしたり、Siriを起動してボリューム調節を行うことができたりします。

本当に便利なイヤホンで、iPhoneを持っているなら買っておいて損はないです。

また、AirPodsを高いと感じているなら安く買う方法もありますし、最安では約800円という値段の偽物からワイヤレスイヤホンを使ってみるのもいいかと思います!

関連記事>>AirPodsが高いから安く買う方法について調査!5000円安く購入できる!コスパについても書いてみた!

関連記事>>AirPodsにそっくりで似てるワイヤレスイヤホン8選!800円でAmazonで激安!

またAirPodsをダサいと感じる人もいるようですが、そんな人に向けて「今すぐ欲しい」と思えるように感情で書き殴った記事があるのでよかったらご覧ください。

関連記事>>AirPodsの見た目がダサい?便利すぎなので今すぐ欲しいと思えるよう全力プレゼンする。

AirPodsの音漏れが気になるならカナル型を選ぶべき

iPhoneに合わせて使うワイヤレスイヤホンでAirPodsを薦められるのはわかる。

他のサイトでもそうですし、私もそうです。

しかし、AirPodsの欠点である「音漏れ」

音楽を大音量で聞くという人にとっては、大問題ですよね。

そんな人にはカナル型のワイヤレスイヤホンがオススメになるのでご紹介していきます。

また使用用途によって、オススメできるものが違うので、参考にしてみてください!

x3t

これは私が通勤用に購入したワイヤレスイヤホンになります。

どのワイヤレスイヤホンでも言えることですが、なくしそうに感じてしまいませんか?

もし、購入したイヤホンがなくなったら最悪だ。

そんなことにならないように、よくワイヤレスイヤホンを使う通勤ではなくしてもいいように、安めのワイヤレスイヤホンを使用しています。

音質に関しては、AirPodsに比べると多少悪く感じることがありますが、特に音質にこだわらないならオススメです!

低音はAirPodsよりしっかりと聞こえます。

※AirPodsの音質とiPhoneを購入したら付属であるearpodsは同程度の音質と思って大丈夫です!

また、再生時間の方も問題なし。

連続で3時間は使用できる優れもの。なくしたとしても5000円程度のものなので、まだダメージは少なくて済みます。

カナル型になるので音漏れの心配もほとんど必要なし!

コスパの高いワイヤレスイヤホンですよ!

通訳機能のついたTwobow

海外旅行によく行くけど、言葉が話せない

海外出身の人とよく話す機会があるけど、いまいちうまく会話できない

仕事上、海外の人と仕事をする機会があるけど会話ができない

そんな人には通訳機能のついたTwobowがオススメ。

今まで表情や身振り手振りで反応していた会話も、このTwobowで解決。

また音楽を聞くことも、もちろん可能です。

海外の人とコミュニケーションをとる機会が多い人にはすごくオススメです!

Twobowの詳細を見てみる

BeatsX

iPhoneとの相性を考えたら、AirPodsだけでなくBeatsXも外せません。

完全ワイヤレスイヤホンとは違い、ネックバンドで繋がれているワイヤレスイヤホン。

触ったことがないと、カバンの中にしまっている最中に折れるかもしれないという心配があるかもしれませんが大丈夫。

考えてあるようで、まるめても大丈夫な設計になっています。

またAirPodsと違い、低音に強いイヤホン。

ロックやダンスミュージックなどをよく聞き、音質にこだわるというなら外せないワイヤレスイヤホンになります。

他には完全ワイヤレスイヤホンとは違い、片耳が外れたとしてもネックバンドでつながっているので、耳から落ちることを防ぐことも可能です(片方だけ外れた場合のみ)

以上のことから、BeatsXはAirPodsの弱点を抑えたiPhoneと相性のいい、おすすめのワイヤレスイヤホンです!

低音ならBOSEのSound Sports Free wireless

BOSEと言ったら低音!という代名詞がありますよね。

低音の質に関しては、ワイヤレスイヤホンになっても健在。

完全な遮音とは言えませんが、それでもAirPodsなどに比べたら段違い。

付け心地も悪くなく、落ちる心配もないほどしっかりと耳についてくれるワイヤレスイヤホン。

あとはワイヤレスイヤホンの欠点の一つである音切れ。これもほぼ心配ありません。

しかし、BOSEのSound Sports Free wirelessには致命的な欠点が1つあります。

それが操作性。

多くのワイヤレスイヤホンはイヤホン単体で操作できることが多いですし、BOSEのSound Sports Free wirelessもそうです。

ですが、音量調節などの操作はイヤホンでする場合は、ボタンが固いために決していいとは言えるものではありません。

スマホを使って操作した方がいいということです。

しかし、唯一の欠点である操作性を除けば文句なしのワイヤレスイヤホン。

音楽や通話の再生にしか使わない。

操作はスマホで十分という場合は、おすすめのワイヤレスイヤホンです!

値段が高いと感じる人も多いかと思います。

その場合、少し安く買う方法があって、記事としてまとめたものがあります。

関連記事>>BoseのワイヤレスイヤホンSoundSport Freeを安く買う方法!5000円値引き!

また、落としそうだと不安な場合はネックバンド付きがオススメです!

コスパ重視ならAnkerのZolo Liberty

AnkerのZolo Libertyも外せないイヤホン。

ワイヤレスイヤホンというと、多くが1万円以上もするもの。

1万円以下であっても、品質に不安の残るものが多い中、AnkerのZolo Libertyは品質もいいと評判のイヤホンです。

充電が切れても再度ケースで充電すれば、最大24時間聴くことが可能。

Ankerらしく保証期間が18ヶ月という長さで、飽きない限り何か問題があっても保証で解決できる安心性があります。

何よりもコスパ重視!という人にはすごくオススメなワイヤレスイヤホンです!

iPhoneおすすめのワイヤレスイヤホンまとめ

個人的な意見になりますが、iPhoneとの相性の良さで言えば、AirPodsがやっぱり1番のオススメと感じています。

AirPodsのデメリットを補うのがカナル型のイヤホンと考えるといいかと思います。

まだまだ高いと感じる人も多いワイヤレスイヤホン。

今まで色々買ってきましたが、安物買いの銭失いという言葉がぴったりだと思ったのがワイヤレスイヤホン。

やはり最低でも5000円くらいは用意した方がいいと感じています。

予算が5000円程度という人に向けて、おすすめのワイヤレスイヤホンなんていう記事もまとめました。

関連記事>>コスパの良いワイヤレスイヤホンおすすめ5つ!5000円以下で厳選したものを紹介!

安くていいものが欲しいという気持ちもわかりますが、ワイヤレスイヤホンに関してはお金を用意して購入した方がいいと私は思っています。

ただの浪費にしかならなかったと感じているので…

よかったらこの記事を参考にiPhoneに合うワイヤレスイヤホンを選んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。