【本日限定】Amazonでセール開催中

Apple Watch4の血糖値と血圧測定について。心電図やヘルスケアのように対応して欲しい。

以前からApple Watchは自分の健康管理のために一役買っていました。

しかし、Apple Watch4からはさらに機能が追加されるという情報があります。

その中で特に話題になるのが、血糖値と血圧測定についてです。

この2つに関しては健康を気遣う上で、現代人において必要不可欠と言っても過言ではないでしょうか。

日常的にヘルスケアを考えているならぜひとも欲しい機能。

そこでApple Watch4で現在わかっている、普段から意識したい血糖値と血圧測定についてまとめてみました。

Apple Watch4では血糖値と血圧測定はできない。心電図に対応しただけだけど…

いきなり結論ですが、Apple Watch4では血糖値と血圧測定はできません。

Apple Watch4になってから、心電図に対応したのみです。

しかしその心電図も日本では対応しておらず、米国のみ使える機能となっています。

米国のみ対応だから米国でApple Watch4を買って、日本に持って帰ったらいいのでは?なんて考える人もいるかもしれません。

しかし、そうしても日本でApple Watch4で心電図機能は使うことができないのが現状です。

普段からの健康管理のためのヘルスケアアイテムとしては、まだまだ課題の残るApple Watch4。

iOSのアップデート、もしくはApple Watch5から対応されたいところ。

血圧メモアプリはあるけど、測定できるアプリはiPhoneでもない

Apple Watch4では血圧測定が不可能な現在、身近なものだとiPhoneでならできるのでは?と考える人もいるかと思います。

しかしどれも図った血圧をメモするアプリ。

身近にあるiPhoneやApple Watch4で計りたいと思ってもできません…

iPhoneでも血糖値測定も不可能

血圧同様に、血糖値測定もiPhoneでの測定は不可能です。

標準装備されている心拍数などしかApple Watch4では見ることができません。

Apple Watch4以前から搭載されると噂された機能。

また開発の方も着手していると、噂にはなっているので5以降に搭載されることを待つしかないのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。