【本日限定】Amazonでセール開催中

Apple Watch4!GPSとセルラーモデルのどっちを買うべきか。違いと一緒に紹介します!

この記事では、Apple Watch4のGPSモデルとCellular(セルラー)モデルのどっちを買うべきか、それぞれの違いと一緒にご紹介しています。

Apple Watch4には大きく分けて2種類あります。

それが、 GPSモデルかCellular(セルラー)モデルかという点。

GPSモデルだとApple公式サイトでは45,800円(税別)で、セルラーモデルだと一番安くて54,800円(税別)と、最低でも1万円近く値段が違う。

GPSモデルかセルラーモデルかを選ぶだけで、変わる1万円という金額差。

果たして、セルラーモデルは1万円もの差額を払うに値するのか?という素朴な疑問。

Apple Watch4のGPSモデルを愛用している私から、1万円による機能の差、セルラーモデルを持つことのメリットデメリットをご紹介していこうと思います。

Apple Watch4のセルラーモデルにできてGPSモデルにできないこと

セルラーモデルの長所は何と言ってもiPhoneを持たなくても、生活に困らなくなる。

この1点に尽きます。

では、Apple Watch4のセルラーモデルを持つことでできることとは何か?

 

Apple Watch4だけで

✅電話ができる

✅メールの通知、閲覧だけでなく送信も可能

✅Apple Musicをストリーミング再生可能

✅調べごとができる

以上のような機能がセルラーモデルを使うと、Apple Watch4単体でも可能です(iPhoneを家に置いて外出しても使える)

「iPhoneを持っていますか?」→「はい」であればGPSモデルで十分。

これを読んでいるあなたがiPhoneを持っている状態で「GPSモデル」か「セルラーモデル」のどっちを買うべきか迷っている。

もしそんな心境だとしたら「GPSモデル」の購入を迷わず推奨します。

というのも、先ほど紹介したセルラーモデルにできることは、iPhoneを持った状態でApple Watch4を使うとセルラーモデルとしての機能はほとんど意味がありません。

というのもセルラーモデルのコンセプトとしては「iPhoneを持たなくても、生活に困らなくなる機能が付いている」という点です。

これを読んでいるあなたがiPhoneを持っていないというのであれば、セルラーモデルを購入しようとするのもわかります。

しかし、iPhoneを持っているというのであれば、はっきり言ってGPSモデルで十分です。

iPhoneを持たずに外出することはありますか?

ほぼありませんよね?

であれば、GPSモデルで十分です。

高級感あふれるステンレスケースの方がいいという場合、話は別になりますが…

Apple Watch4のセルラーモデルを持つことのメリットとデメリット

GPSモデルで十分とお伝えしておきながらも、それでもApple Watch4のセルラーモデルが気になるという人向けに、メリットとデメリットをお伝えしようと思います。

メリット

、ケースを選ぶことができる

Apple Watch4のセルラーモデルには、何と言ってもケースを選ぶ際に「アルミ」か「ステンレス」を選ぶことが可能。

Apple Watchは何を隠そうAppleブランド製品。

シンプルでありながら、飽きのこないオリジナル性の高いデザイン。

そのデザイン性に、さらに高級感をもたせたものがステンレスケース。

私はアルミケースのApple Watch4を持っています。

やはり「アルミ」か「ステンレス」かで、ケースから漂う高級感あふれるあの輝きはどこをどう見てもステンレスに軍配が上がります。

その代わり、GPSモデルだと45,800円(税別)が74,800円(税別)と、約2万円ほど高くなるのが難点。

アルミケースのApple Watch4は安っぽく見えてしまうんです…

どっちを選ぶかは「お財布と相談」という選択肢が増えるという点では、セルラーモデルのメリットとも言えるかと思います。

GPSモデルだと、アルミケース一択でバンドを選ぶという選択肢しかありませんからね。

、少しでも荷物を減らしたいという人には最高の腕時計

セルラーモデルを持つと、Apple Watch4単体でiPhoneとほぼ同様のことが可能になります。

Apple Watch4だと常に腕に身につけているために、iPhoneのようにポケットやカバンなどから取り出すという手間が不要です。

また、iPhone同様のことができることになるのでiPhoneを持ち歩く必要はなくなり、荷物を減らすことができます。

特にランニングやスポーツをするという人にとって、ポケットなどに入れていると邪魔に感じることがあったりすると思うんですね。

そんな人にとって、特にメリットを感じます!

デメリット

もちろんセルラーモデルはメリットばかりでなくデメリットも存在します。

、本体の料金以外にも毎月、月額料金を払う必要がある

やはりGPSモデルとの1番の違いは、絶対的に月額料金を払う必要があるという点。

その料金がものすごく高いのかと言われると、それほど高いわけではありません。

ドコモが500円、auとSoftBankが350円必要になります。

腕時計を使うのに月額料金が発生するなんて…と思うかもしれませんが、セルラーモデルは通信機器としての役割もあるので、単なる腕時計とは違います。

腕に身につける簡易携帯電話と言った方がいいのかもしれません。

、ステンレスケースのApple Watchが欲しいならセルラーモデルの購入しかない

ケースを選ぶ上で、「アルミだと安っぽく見えて嫌」このように思う人も少なからずいるはず。

デザインで購入しようと考えている人もいますよね。

なので、高級感あふれるステンレスケースのApple Watch4の購入を検討しようとすると、必然的にセルラーモデルを選ぶしかありません。

選択肢が絞られてしまいます。

ただでさえケースがステンレスになって金額が高くなるのに、月々に支払う金額のことまで考えなければいけません。

「月500円くらい安いよ」

上記のように思うのであれば何も問題ありませんが「塵も積もれば山となる」という言葉があるように1年払い続けると6,000円、2年払うと12,000。

この金額、地味に高いですよね。

GPSモデルでもステンレスケースを出してくれ!と思うのは私だけではないはず。

だってiPhoneを普段から持ち歩いていると、Apple Watch4で使うApple Pay以外はiPhoneで十分なので。

Apple Watch4のGPSモデルとセルラーモデルの総まとめ

iPhoneを常に持ち歩くような人にとって、セルラーモデルを買う必要はほぼない。

ただし、ランニングやスポーツをしている際にiPhoneがお荷物と感じる人にはセルラーモデルを買うことを視野に入れるのは有り。

高級感あるステンレスケースが良いのであれば、ステンレスケース(セルラーモデル)一択。

セルラーモデルとGPSモデルの違いは、iPhoneを家に置いたまま外出してもApple Watch4単体で電話やメール、ラインや調べ物ができるということ。

簡易携帯電話的な立ち位置がApple Watch4のセルラーモデルということになります!

Apple Watch4を購入する際の参考にしていただくと幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。