【本日限定】Amazonでセール開催中

Apple watchでのQUICPayの使い方とかざし方!支払いができない時はやり方が間違っているかも!

Apple Watchを肌身離さず使っていると、財布が必要なくなります。

中でもApple Payの機能の1つとして便利なQUICPay。

クレジットカードを登録して、Apple Watchをダブルクリックしてかざすだけで会計が終わる便利な機能。

しかし、正しい使い方をしないと支払いができないということもあります。

ここではApple Watchを使った正しいQUICPayのかざし方と使い方についてご紹介していきますので参考にしてみてください。

QUICPayを使う時にダブルクリック(2回押し)する場所はデジタルクラウンじゃなくて長細いボタン

Apple Watchを使ってQUICPayで支払う際、レジで「QUICPayで」と言ってからApple Watchをかざします。

その前に、Apple WatchをダブルクリックしてApple Payを起動させる必要があります。

その際にダブルクリックする場所は、デジタルクラウン(サイドボタンの丸い方)ではなく、長細い丸のボタンです(画像の赤丸部分)

パスコードがメンデパスコードを入力してロック画面を解除し、この長細い丸のボタンをダブルクリックすると、事前にApple Payで登録してあるクレジットカードが画像のように表示されます。

※ダブルタップして下記画像のようになる場合、まずクレジットカードの登録をしましょう。登録手順について記事にまとめました。

関連記事>>Apple WatchへQUICPay(クレジットカード)の登録のやり方の手順!

ダブルクリックすると下記画像のようになります。

レジでQUICPayを使用する際は、事前にApple Watchをダブルクリックしておき、支払いの準備をしておかなければQUICPayを使用することができません。

デジタルクラウンのダブルクリックで支払えると思う人もいるようなので注意してください。

※ただし、Apple WatchでWalletアプリを液晶から最後に使用していればデジタルクラウンのダブルクリックでもQUICPayの画面が立ち上がります。それから細長い丸ボタンをダブルクリックで支払い可能になります。

Apple Watchの液晶画面の操作で支払い画面を出す方法

少し手間がかかりますが、2つほどやり方があります。

ダブルクリックする前に一手間かかるやり方なので、少し不便ですが何かあった時のために覚えておくといいかもしれません。

Apple Watchのロックを解除してからWalletアプリのタップ

通常通りApple Watchのロックを解除してからWalletアプリをタップします。

そうすると細長い丸ボタン辺りで点滅するボタンが現れて、ダブルクリックすると支払い可能画面になります。

細長い丸ボタンを1回クリックで使用したアプリ一覧からWalletの選択をする方法もある

ここで紹介するやり方はWalletアプリをApple Watchで起動させて、使用履歴に残っている場合のやり方になります。

細長い丸ボタンを1回クリックすると使用したアプリの履歴がでます。

そこからWalletアプリをタップしてから、細長い丸ボタンをダブルクリックすると支払い可能画面になります。

レジで支払うことを伝えた時の、Apple WatchのQUICPayでのかざし方!液晶画面(ディスプレイ)側をタッチパネルに近づけると支払いができる

レジでQUICPayで支払うことを伝えたら、あとは事前に支払い準備を整えたApple Watchをタッチパネルに近づけるだけで支払いができます。

支払いの際、Apple Watchのかざし方をどうすればいいか迷う人もいるかと思いますが、液晶画面(ディスプレイ)側を近づければ問題なく支払うことが可能です。

そして、必ず決済音が鳴るまで近づけておいてください。

またはレジの端末が緑色に点灯したらQUICPayでの支払いが完了した合図ですので確認を怠らないようにしてください。

もし支払いの際に液晶画面を近づけて、もしものことでタッチパネルなんかにあたり傷がつくのが嫌であれば、保護フィルムを貼っておくことをオススメします。

たくさんある中で、AUNEOSから販売されている保護フィルムが貼り間違えたり古くなったら交換できるように予備用として3枚で約1500円で安くておすすめです。

QUICPayで支払えないという人はダブルクリックする場所が間違えている可能性がある

Apple Payで支払おうと、ボタンをダブルクリックするということを知っていても支払えない場合、ダブルクリックをする場所をデジタルクラウンと間違えている可能性があります。

デジタルクラウンのダブルクリックではいつまでたってもクレジットカードは表示されずに、支払いが可能にはなりませんので注意してください。

それでも支払えない場合は2パターン

QUICPayをちゃんと起動したのに、支払えないという場合もあります。

いずれかの場合に当てはまるかと思いますので事前に注意しておいてください。

2万円以上の買い物をしようとしているは使用不可能。でもQUICPay+のマークの場合は2万円以上でも買い物可能

基本的に1度に2万円以上の買い物ではQUICPayは使用できません。

ただし、2万円以上の買い物でも2回に分けて使用すれば購入することは可能です。

またQUICPay+マークのあるお店では2万円以上の買い物も可能になります。

そもそもQUICPay対応店でない可能性

QUICPay対応のお店でない限り、Apple Watchにクレジットカードを登録してあっても使うことは不可能です。

支払いの際にQUICPayで支払うことを伝えたら、店員さんの方も対応か非対応か教えてくれるかと思います。

聞くのが嫌な場合はQUICPay対応かどうかのマークをレジ近辺で探しましょう。

Apple WatchでQUICPayの使い方とかざし方の簡単まとめ

  • Apple WatchのQUICPayで支払う際に起動させるときにダブルクリックする場所は長細い丸ボタン!
  • QUICPayでの支払いの際、Apple Watchのかざし方は液晶画面を近づけるだけでOK!
  • 1度に1商品で2万円以上の買い物ではQUICPayは使用不可能。2品以上で2回に分けてそれぞれの商品の価格が2万円以内にして使用すれば大丈夫!ただしQUICPay+は1度で2万円以上の買い物も可能。

参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。