【本日限定】Amazonでセール開催中

Apple Watchでできること。便利な機能で生活が変わる。始まる持たない生活

Apple Watchにはたくさんの機能があります。

たくさん機能がある反面、Apple Watchでできることは何があるのか。

また、便利な機能を知らないなんて人もいるのではないでしょうか。

ここでは実際にApple Watchを使ってみて、生活が変わったなと思える使い方や便利な機能をご紹介していきます。

クレジットカードを登録してApple Pay(QUICPay)の利用は生活が変わることを実感した

Apple Watchを使っているなら、登録は必須なのがApple Payです。

※Walletアプリへのクレジットカードの登録でもあります。

QUICPayやApple Pay対応のお店での支払いは、iPhoneにクレジットカードを登録していたらiPhoneでももちろん可能です。

しかし、iPhoneをカバンにしまっている場合はいちいち取り出してからでなければ使用できません。

カバンから取り出すというちょっとしたことですが、Apple WatchでApple Payを使用するとカバンからiPhoneや財布を取り出すことすら手間だったと実感しました。

使用していて思ったことがあります。

Apple Watchを使ってApple Payで支払いする機能ですが、特にお子さんのいるお父さんやお母さんに使って欲しいなと思いました。

カバンから財布やiPhoneを取り出すほんの一瞬でも目を離すと子供は何をするかわかりません。

少しの気も抜けないことが多いのではないでしょうか。

ましてはカバンをゴソゴソとしていたら余計に目が離せません。

Apple Watchでの支払いはそういった少しの手間が省けます。

目の離せないお子さんがいてApple Watchを持っていないなら、支払いのためだけに購入してもいいのでは?と思ってしまうほどです。

Suicaの登録もすると電車の乗車がすごく楽

電車に乗る際に切符は必須です。

切符でなくてもICカードが発展し、今では多くの人が利用しているかと思います。

ICカード以上にApple WatchでSuicaを利用することはとても便利です。

先ほどの支払いの件と同様に、iPhoneを出す手間が省けます。

改札を通る際に腕につけたApple Watchをかざすだけで通ることが可能です。

またクレジットカードも登録してあると、Suicaのチャージがいつでも数秒で可能になりますし、残高に不安を覚えることがありません。

改札を通ってから残高不足に気づいても、電車に乗っている最中にチャージすればOK。

いつでもチャージできるというのはとても心強いです(クレジットカードを登録してあればの話になります)

※未成年の方はクレジットカードを持つことができないので、チャージの簡単さを味わうことは不可能ですが…

iPhoneを見なくてもメールやラインなどを閲覧できるし、電話の通知も受け取れて便利

iPhoneの画面を見ずにメールやラインの確認ができるのは意外に便利です。

普段からカバンにiPhoneを入れてる人だと、ラインなどが届いてから気づくまでに時間がかかることが多いかと思います。

大事な連絡だったらすぐにでも気づきたいですよね。

iPhoneで音を出すように設定しておけばいいかもしれませんが、人ごみの多い場所だったりすると聞こえにくいです。

音を出すように設定することも忘れてしまうこともあるかもしれません。

しかし、Apple Watchを身につけておくと振動でラインやメールが届いたことを教えてくれます。

※通常の振動では気づきにくい人の場合、振動を強くすることも可能です。

振動で教えてくれるために、もし大事な連絡でもすぐに気づける可能性が高くなります。

ただあまりにも通知が多い場合、振動がうるさすぎるなんていうデメリットもあったりしますが、それを考慮しても個人的には助かっている通知機能です。

出かける際に便利な地図アプリ

よく旅行で知らない土地に出かける人、仕事で場所のわからないところによく出かけるという人にとって、地図アプリは欠かせないかと思います。

iPhoneを見ながら歩いてもいいですが、画面を見ながら歩くと、段差につまずいたり赤信号に気づかずに通ろうとするかもしれません。

こまめにiPhoneで音を出しながら歩いてもいいですが、周りに聞こえると恥ずかしいと感じたり、場所によっては迷惑になる可能性もあります。

Apple Watchであれば、行き先を指定だけすれば曲がり角に近づいたりすると振動で知らせてくれます。

その時にApple Watchの画面を確認するだけで十分です。

AirPodsを使いながらだと、振動だけでなく音声でも同時に知らせてくれるために曲がり角を通り過ぎるなんてこともほぼありません。

※Apple製品で固めるとこのような便利なメリットが多くあります。

iPhoneを手に持ち続け画面を表示しながらでも可能ですが、万が一落として液晶にヒビが入ったりするなんてことがありえるかもしれません。

Apple Watchだと腕に身につけたまま画面を確認できるのはとても便利でした。

文字盤をカスタマイズしてよく使うアプリを表示させてiPhoneを使わなくてもすぐに知りたい情報をすぐに知ることができる。

文字盤にあらかじめよく利用するアプリなどを設定しておくと、文字盤に情報を表示してくれます。

もしくはiPhoneを取り出さずに、文字盤をタップするだけで内容の確認が可能です。

例えば、メールやミュージックアプリが該当します。

Apple Watchの文字盤をタップして起動させ、使用するという形です。

※すべてのアプリに対応しているわけではありません。利用できないアプリも多々あります。

あとは天気やバッテリー残量といったアプリは設定しておくと、文字盤を自分に向けるだけですぐに情報を仕入れることが可能です。

iPhoneでのカメラ撮影の際、Apple Watchでリモート撮影が可能

iPhoneで写真を撮るとき、タイマーをかけて集合写真を撮りたい人や、iPhoneから離れて自分や風景を撮りたい人がいるかと思います。

出かけたときに何気に役立つ機能が、Apple Watchで写真を撮ることです。

リモート撮影(Apple Watchで撮影ボタンを押すこと)が可能なので、わざわざタイマーをかけてセットして、慌ててポーズをとる必要がありません。

掛け声に合わせて、撮影ボタンを押せばいいだけで写真が撮れます。

自撮り棒なんていうものもありますが、自分を撮る際に自撮り棒で対応できない時に重宝します。

録音機能が便利。使い方も簡単で会議などで重宝する

iPhoneにも録音機能が付いています。

しかし、Apple Watchでの録音もおすすめ。

ちゃんと音を拾うのかなんていう疑問もあるかと思いますが、問題なく音を拾ってくれます。

Apple Watchでの録音はとても簡単。

対してiPhoneで操作する場合は少し手間がかかります。操作自体は簡単ですが、録音を立ち上げるまでがApple Watchに比べて手間がかかる感じです。

慣れるととても楽です。

Apple Watchでの操作は簡単。

文字盤に録音アプリを表示させておけば、タッチするだけで録音開始。タッチして録音停止。

たったこれだけです。

また必要であれば、iPhoneへ移し聞くことも可能です。

AirPodsと一緒に使うと音楽が捗る

AirPodsだけでも次の曲、音量調節などは可能です。

しかしApple Watchを使用しながらAirPodsで音楽を聴くと、曲のスキップや音量調節が確実にできます。

AirPodsで操作すると、どうしても反応が悪かったりしてうまく操作できない時があったり。

その点、Apple Watchで音楽を操作するのは確実に操作でき便利です。

曲のスキップもタッチして可能。

音量調節もApple Watchの横にあるデジタルクラウンで細かく調整可能です。

iPhone、AirPods、Apple Watchとアップル製品で揃えると、様々なシーンで便利を実感するかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。