【本日限定】Amazonでセール開催中

Apple Watchの掃除方法に!水洗いの注意点とバンドの掃除法について

Apple Watchが便利で手放せないと感じている人も多いのではないでしょうか?

日常の一部として毎日使用しする中、気になってくるのが汚れです。

毎日使っていると、知らぬ間に汗や皮脂による影響で目立たなくとも汚れはついてきます。

汚れたものを好き好んで使うなんていう人はいないはず。

この記事では汚れたApple Watchの掃除方法について、水洗いする際の注意点やバンドの掃除方法についてご紹介していきます。

毎日Apple Watchを掃除するならアルコールとマイクロファイバーで決まり

汚れが溜まる前に、毎日使い終わったら掃除する!そんな人にはアルコールとマイクロファイバーでできた布での拭き掃除がオススメです!

マイクロファイバーでできた布だと、液晶画面をティッシュなどで拭いたりするよりも傷をつけるようなことがほぼ皆無です。

液晶に保護シールなんかを張っている場合、傷がついたり剥がれてきたりしたらまた張り替えれば問題ありません。

しかし保護シールなどなしに、ティッシュなどの硬めの布やタオルなんかで拭いてしまうと傷がつく恐れがあります。

関連記事>>Apple Watch4(40,44mm対応)画面保護フィルムのおすすめ5選!

なので毎日だと余計にマイクロファイバーでできた布で、液晶を拭く事をお勧めします(メガネ拭きでも可)

合わせて除菌するためにアルコールも使うといいですよ!

水洗いOK!ただし洗剤は注意が必要

Apple Watchは公式サイトにも書いてあるように耐水性能があります。

シャワー程度なら大丈夫との明記もあります。

シャワーなら毎日浴びるし、つけたままついでに洗おうと考える人もいるかもしれません。

シャワーと言っても、シャワーで出てくるお湯のみ大丈夫ということです。

ついでに体を洗ったり頭を洗ったりするかと思います。

その際に使うシャンプーやコンディショナー、ボディソープなどはApple公式にも記述されている通り、使用しないほうがいいです。

ただ、お湯は汚れを落としやすくするためにシャワーで流すだけでもそれなりにキレイになるので、シャンプーなどに気をつければ、Apple Watchを身につけてシャワーを浴びるのもアリになります。

バンドの掃除は種類によって異なるけど、レザーと金属以外はお湯と洗剤で洗えばOK!

Apple Watchのバンドは数種類あります。

レザー、スポーツバンド、スポーツループ、ミラネーゼ、ナイロン製など多彩です。

レザーバンド以外のバンドは基本的にお湯と洗剤を使って洗えば問題ありません。

錆びたりしないものですし、壊れにくいものなので、多少ゴシゴシと強めに洗っても大丈夫。

洗剤を使っても落ちない汚れがある場合は、アルコールなんかも試してみると、汚れが落ちたりすることもあります。

レザーバンドの場合

レザーは少し手間がかかります。

基本的には先ほど紹介したお湯と洗剤を使った洗浄方法なのですが、少しやり方が違います。

  • STEP.1
    Apple Watch本体からバンドだけを取り外します
     
  • STEP.2
    次にお湯の中に少し中性洗剤を混ぜます
     
  • STEP.3
    バンドを浸して優しく手洗いをします(手もみしながら)
     
  • STEP.4
    お湯ですすぎます(お湯ですすいでお湯に洗剤が混じらなくなるまで)
     
  • STEP.5
    【重要】直射日光を避け、完全に乾くまで約2日乾かせます
     

以上がレザーバンドの洗い方です。

早く乾かしたいからといって、ドライヤーを使うのはやめましょう。

皮を傷めます。

また直射日光で乾かすのも、皮を傷めるのでやめましょう。

メタルバンド(金属バンド)の場合

メタルバンドの手入れもそれほど気をつけることはありません。

ただ、掃除が少し面倒になるだけです。

メタルバンドの場合、ナイロンバンドやスポーツバンドと違って、隙間に皮脂や汗などが入り込みます。

表面だけのお手入れは簡単ですが、隙間に入った汚れは一手間かかるので気をつけましょう。

メタルバンドの表面を洗う場合

  • STEP.1
    Apple Watch本体からバンドだけを取り外します
     
  • STEP.2
    次にお湯の中に少し中性洗剤を混ぜます
     
  • STEP.3
    歯ブラシを使ってゴシゴシ洗うだけ(細かいところは爪楊枝なんかも使うといいです)
     
  • STEP.4
    お湯ですすぎます(お湯ですすいでお湯に洗剤が混じらなくなるまで)
     
  • STEP.5
    マイクロファイバー製などの柔らかい布で拭き取って乾燥させて終わりです
     

また、上記のやり方だけでは取れにくいしつこい汚れなんかもあります。

その場合は、バンドだけポリデントをとかした水に30分ほどつけておくだけ

メタルバンドの取れにくい汚れだけでなく、嫌な臭いにも効果抜群です!

歯ブラシでの掃除が面倒という場合にも、ポリデントへのつけおき洗いは手軽でお勧めの洗い方になります。

Apple Watchの掃除まとめ

液晶を掃除する場合は、マイクロファイバー製などの柔らかい布を使用すること!

アルコールなんかも合わせて使うと良いです!

 

スポーツタイプ、ミラネーゼタイプ、シリコンタイプ、ナイロンタイプのバンドはお湯と中性洗剤を使用してもみ洗い。

その後拭き取って乾燥させるだけ!

 

レザーバンドは注意が必要で、水に中性洗剤を溶かして優しくもみ洗い。

拭き取った後、直射日光の当たらない日陰でしっかりと乾くまで2日ほど乾かす。

 

メタルバンドは、水に溶かした中性洗剤と歯ブラシを使って隙間まで洗って拭き取って乾燥させるだけ。

でもそれすら面倒という人は、バンドを水に溶かしたポリデントの中に30分ほどつけおきするのもとても効果的です!楽なのでオススメです!

記事を参考に、Apple Watchの掃除に役立ててください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。