【本日限定】Amazonでセール開催中

Apple Watchの充電のタイミングはいつがいい?生活スタイルに合わせると人によって違う!

Apple Watchは充電しなければ、使い方にもよりますが人によっては早ければ1日でバッテリーの充電が切れます。

また、毎日時計として使用するだけでもおおよそ2日に1回は充電しなければバッテリーが切れてしまいます。

そうなってくると、Apple Watchを充電するタイミングはいつがいいのかということ。

仕事中、出かける最中しかつけないという人にとっては外している時に充電したらいいだけの問題です。

しかし、人によっては寝る時までほとんどの時間、Apple Watchを身につけていたいという人もいます。

またバッテリー式のために、残量がどれくらいになったら充電したらいいのか?なんて思う人もいるでしょう。

そこで今回は極力肌身離さずにApple Watchを身につけたい人にとっての充電のタイミングについて、また残量がどれくらいのタイミングで充電するのか、参考程度にいつがいいのかご紹介したいと思います。

バッテリー残量はどれくらいで充電するといい?

基本的にはApple Watchのバッテリー残量が何%で充電しても特に問題ありません。

残量が多い時に充電するとバッテリーを早く痛めそう、残量が少なくなってからの方がいいと聞いたことがある。

そうしないとApple Watchの寿命が短くなりそうで気になる。

そう思う人もいるかもしれません。

そもそもバッテリーは消耗品です。

何度も充電したり使用しているとバッテリーの持ちも悪くなるものです。

何年も使い続けたいと思うかもしれませんがバッテリーで動く以上、寿命のあるのがApple Watch。

なかなか明かされないApple Watchの寿命に関してまとめた記事がありますのでよかったらご覧ください。

関連記事>>Apple Watchのバッテリー持ちや寿命は何年?劣化を確認する方法も合わせて紹介します!

お風呂やシャワーの時にApple Watchを充電する

Apple Watchは耐水仕様です。

防水機能はありません(Apple公式によると)

そのために、万が一の故障を避けるためにお風呂やシャワーでの使用は控えたほうがいいでしょう。

ただ、ネット上を見てみるとお風呂やシャワーで仕様しても問題なかったという意見もありますが、Appleが控えることを推奨しているので、当ブログでの使用はお勧めしません。

お風呂やシャワーなどでApple Watchの仕様を控えると、当然ながら腕から外します。

この時がApple Watchを充電する絶好のタイミングです。

常にApple Watchを身につけていたいなんていう人はお風呂やシャワーのタイミングで充電しましょう!

ちなみにApple公式サイトによると、Apple Watchのバッテリーが0の状態から80%までに約1.5時間。100%には約2時間かかるとのことです。

お風呂やシャワーが短い場合、Apple Watchを充電できるモバイルバッテリーを持とう

お風呂やシャワーだけの時間では、バッテリーの最大まで充電ができない人がほとんどではないでしょうか。

毎日2時間近くの長風呂をする人はなかなかいないと思います。多くの人が1時間以内なはず。

そうなってくると、バッテリーが最大まで充電されずに途中までしか充電されないため、バッテリーが切れて使えなくなるなんてことを招きかねません。

そこで、バッテリー切れを起こさないようにするために、Apple Watch用のモバイルバッテリーを持つようにすると、出かけた先でも手軽に充電できます。

ただし、身につけながらは使えないのが注意点になりますので、どこかしらのタイミングで腕からApple Watchを外しモバイルバッテリーで充電する必要があります。

モバイルバッテリーを使うタイミング

モバイルバッテリーを使って充電する間、Apple Watchを外さなければいけません。

ではいつ充電すればいいのか?

それは昼休憩中がお勧めです。

なぜならApple Watchを使用している人は、iPhoneを使用している人がほとんどかと思います。

さらにApple WatchとiPhoneを連動させている人がほとんどでしょう。

となるとiPhoneを使用できる間は、Apple Watchを確認する必要がないということです。

なので昼休憩中などまとまった時間があるタイミング、なおかつiPhoneを触れる状況にあるタイミングのお昼休憩中にバッテリーの充電をすることがオススメです!

Apple Watchを充電するタイミングについてのまとめ

バッテリー残量がどれくらいになってから充電するのかわからないと思う人の場合、基本的には気にする必要はありません。

もちろん少なくなってから充電したほうがバッテリーに対する負荷は少ないです。

しかし、Apple Watchのバッテリー残量に合わせて充電していたら、いざ使おうとしたタイミングで残量がないなんてことになりかねません。

そうならないためにも、モバイルバッテリーを1つは持っておくと、Apple Watchが必要になった時にバッテリーがないなんてことを未然に防げます。

また、Apple Watchを常に身につけていたい!なんて人は、お風呂やシャワーを浴びるタイミングで充電をしましょう。

Apple Watchには耐水性能はあっても、防水性能はないとアップル公式サイトが述べていますので。

お風呂のタイミングで充電しても、満充電にならない人が多いと思います。

その場合は、運転手であればiPhoneを絶対に使うことのできない車の中で充電したり、仕事のお昼休憩中などといったiPhoneを使える状況で充電しましょう!

その際にも、モバイルバッテリーがあると便利ですよ!

参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。