【本日限定】Amazonでセール開催中

Apple Watchは営業マンやビジネスシーンで使ってもいい?アプリの活用で手放せなくなる

仕事でApple Watchをつけるのはどうなんだろう?

営業マンとして人から見られる仕事。また、ビジネスシーンにおいてApple Watchはおかしくないだろうか。

Apple Watchは便利な腕時計ですが、今までの腕時計の概念を変えたものでもあるために「腕時計としては認めない」と考える人も少なからずいます。

そのために仕事によっては評価にも影響するのではないかと思って、腕につけるのを迷う人もいるのではないでしょうか。

また周りにもApple Watchをつけている人がいない場合、身につけていいのか不安な人も多いかと思います。

「暗黙の了解」なんていうものがありそうで、つけるのを躊躇する人もいるはず。

Apple Watchを仕事で身につけたい場合、仕事上どういった人と接する機会が多いのか。

またビジネスマナーとしてつけても良さそうな機会が多いのか。

Apple Watchは通知設定をしておくと時間にタイトな仕事をしている人にとっては、いちいちiPhoneを見ずにLINEやメールの内容を知ることができたり、予定が近づいたりしたら知らせてくれるという大きなメリットがあります。

ただ、便利な機能があるからといって先程述べたように時計として見ない人がいる、ビジネスシーンにおいてApple Watchは失礼だと感じる人もいるために、正直なところつけていいのか控えたほうがいいのかは環境によるとしか言えないことのほうが多いです。

それだと元も子もないのでビジネスシーンや営業マンとして、Apple Watchを最低限その場にふさわしいようにできる努力をお伝えしていきたいと思います。

スーツを着て仕事をするならスーツに合うバンドをしよう

Apple Watchには数種類のバンドがあります。

初めから付いているシリコン製のバンドやミラネーゼループタイプのようなバンドではスーツを着て仕事をするなら控えるべきでしょう。

どうしてもシリコン製やミラネーゼループなどは安っぽさが感じられるバンドです。

バンドは時計の印象を大きく左右するものなので、変えたほうが無難になります。

どうしたらよく見られるか?と考えるよりも少しでもマイナスに見られないためにできる配慮をしましょう。

最低限、チタンタイプのバンド、もしくはレザータイプのバンドに変えて使用したほうがいいです。

色もチタンタイプはそのままでいいですが、レザータイプはオーソドックスな黒、もしくはブラウンにするといいでしょう。

営業マンとして大事な商談、ビジネスシーンにおいて大切な場面は対応する人がわかっていたらいいけど知らない場合は外して臨むほうが良い

大切な場面において自分はもちろんのこと、相手にとっても大切な場面です。

大切な場面である以上、マイナス要因になりそうな部分は配慮はするべきでしょう。

相手方がラフな格好をするようであれば、Apple Watchをつけていても不自然になることは少ないかと思いますが、やはり大事な商談、重役が集まるようなビジネスシーンにおいては外したほうがいい場面が多いです。

これを読んでいる方の年齢にもよりますが、世間一般的には年齢が20代後半以降なら大切な場面において基本的にはApple Watchはつけないほうが無難になります。

基本的には周りの人の時計を見てApple Watchをつけるかどうか判断することが良い

周りの人がどんな腕時計をしているのか。

状況、環境によって人それぞれ異なります。

身近にいる上司がApple Watchをつけているのであれば、気にする必要はありません。

また、周囲につけている人が多い場合も特に気にする必要はないでしょう。

それでも注意しておきたいのが、仕事をする上で「どんな人と接する機会があるのか」ということは考えておくべきでしょう。

ご年配の方が多かったりするならApple Watchは若者といったイメージが強くなるので、控えておくといいです。

あとは就職の際の面接なんかでもApple Watchは、ベンチャー企業で私服で仕事をするような企業でない限りは着用しないほうが無難です(大事な場面なので少しでもマイナスに見られないための配慮)

ビジネスシーンにおいてApple Watchを活用するととても便利

Apple Watchで通知設定をしておくと、あらゆることを振動で腕に知らせてくれます。

iPhoneでも可能ですが、ポケットに入れておいても気づかないことがありませんか?

また仕事中の場合、通知音などを鳴らすことは不能なため振動させて通知させなければいけないことがほとんどなはず。

そうすると、大事な電話やメールはもちろんのこと、予定が近づいてきたら腕に通知で知らせてくれる機能はとても重宝します。

ほぼ確実に通知に気づくので(ただし動いていたりすると気づきにくいという点はあります)

仕事上、音が出せないけど通知はしっかりと受け取りたいなんていう人にはApple Watchはとても便利です。

Apple Watchをビジネスシーンなどで使いたい場合は、接する人によって変わるのが結論

Apple Watchをビジネスで活用するのはとても便利です。

しかし仕事上接する人、出向く環境によってはやはりマイナス評価になる可能性があるとも言えます。

なので、どこかに営業マンとして出向いたりする場合は他の腕時計に付け替えたほうが無難でしょう。

その場合、どこに行っても誰に見られても違和感を感じさせない腕時計が便利です。

20代前半であればSEIKOやシチズンあたりは無難です。腕時計を本質的な部分で判断するような人に出くわしてもビジネスシーンにおいてマイナス評価になることはほぼないです。

また、20代後半以降になってくると、もう少しいい腕時計を身につけておくと無難です。

この辺りをつければあらゆるビジネスシーンにおいて、悪いような印象はほぼもたれません。

よかったら参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。