【本日限定】Amazonでセール開催中

Apple Watchのバッテリー残量確認方法!文字盤に常時表示させておく方法も合わせて紹介!

Apple Watchはバッテリーで動く腕時計です。

バッテリーが切れてはApple Watchを使用することは不可能になります(Suicaなどは使えたりしますが)

バッテリーの残量だけは確認しておき、使えなくなることを未然に防ぎましょう。

今回はApple Watchのバッテリー残量を確認する方法についてご紹介します。

また、わざわざApple Watchを操作して確認するだけじゃなく、顔に向けたら時間だけじゃなく残量も表示させておく方法についてもご紹介します。

Apple Watchのバッテリー残量を確認する方法は簡単!

確認方法はすごく簡単です。

Apple WatchとiPhoneそれぞれで確認する方法について解説します。

Apple Watchでバッテリーの残量を確認する場合

Apple Watchのディスプレイに文字盤を表示したら、そこから上へスワイプさせるだけ!

 

それだけで、Apple Watchのバッテリー残量が「○%」と表示されます。

たったこれだけです。

iPhoneで確認する場合

こちらも先ほど同様にとても簡単です。

Apple Watchと連携したiPhoneのホーム画面から右へスワイプし、少し下へスクロールするとバッテリー欄に連携したApple Watchのバッテリー残量が表示されます。

たったこれだけです。

文字盤に常時バッテリー残量を表示しておく方法

いちいちApple Watchの小さいディスプレイを操作してバッテリーの残量を確認する方法って面倒ですよね。

そんな人には、文字盤に常にApple Watchのバッテリー残量を表示しておくという手があります。

Apple Watchからは設定できません。

iPhoneから設定します。

  • STEP.1
    iPhone内にあるWatchアプリをタップ
    画像
  • STEP.2
    iPhoneの最下部にある「文字盤ギャラリー」をタップ
    画像
  • STEP.3
    フルスクリーン型の文字盤以外を選択する
    画像
  • STEP.4
    コンプリケーション欄にある左上や右上欄をタップしてバッテリーを選択する※文字盤によってはコンプリケーション欄が8個あったり1個しかなかったりします
    画像
  • STEP.5
    追加をタップして完成!※Apple Watchの文字盤が変わっています
    画像

またコンプリケーション欄で、バッテリーの残量表示以外にも自分の好きな情報を文字盤に表示するようにできます。

自分好みのApple Watchを作るのにオススメです!

Apple Watchのバッテリー残量確認方法まとめ

個人的にはApple Watchを操作してバッテリー残量を確認する方法もいいですが、文字盤に設定しておく方が便利だと感じています。

天気やメールなども一緒に設定できるので、これを書いている私は重宝しています。

Apple Watchのバッテリーが切れて、使えなくなってから遅いです。

バッテリーが切れては困るというのであれば、普段からモバイルバッテリーを持ち歩くという手段もあり。

関連記事>>Apple Watch4にオススメのモバイルバッテリー5選!1~4全サイズ対応!

前もって残量を確認しておき、使えない状況にならないように未然に防ぎましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。