【本日限定】Amazonでセール開催中

Apple Watchのバッテリー持ちや寿命は何年?劣化を確認する方法も合わせて紹介します!

この記事ではApple Watchのバッテリーの寿命についてご紹介しています。

Apple Watchはスマートウォッチの一種になり、バッテリーがクオーツ式や機械式腕時計などと違いバッテリー式となっています。

バッテリーでの駆動になるために、気になってくるのが寿命。

決して安い買い物ではないですし、バッテリーが切れて使えなくなっては買った意味もありません。

寿命がどれくらいもつのか知ってから、購入を検討したいという人もいるはず。

そこで気になるApple Watchのバッテリーの寿命について調べてみました。

使い方によってApple Watchの寿命は違うけど、長くても3年くらい

Apple Watchの使い方は人それぞれです。

毎日使う人もいれば、たまにしか使わない人と使用用途が異なります。

基本的にバッテリーというものは消耗品です。

Apple Watchに関しては最大3年ですが、それは稀で基本的には約2年ほどになります。

また毎日のように使用する人ほど、寿命は短くなり1年半と見ておくといいです。

他にもGPSモデルとセルラーモデルがあります。

セルラーモデルはiPhoneがなくても通信ができるために、GPSモデルに比べてバッテリーの消費は早いです。

iPhoneを持たずに出かけたいと考えている、ステンレスボディがいいという場合はセルラーモデルがオススメですが、バッテリーの寿命も短くなりがちだということは頭の片隅にあるといいでしょう。

 

Apple Watchで使用されているリチウムイオンバッテリーと言って、消耗品です。

iPhoneも使い続けると、バッテリーの消耗が早くなるかと思います。

購入したばかりの頃はなかなか減らなかったバッテリーが、1年経ち、2年も経つとすぐバッテリーが切れるなんてことが。

Apple Watchも同様です。

頻繁に使用すればするほど、バッテリーに負担がかかり寿命も短くなっていきます。

毎日のように使用する人の場合は長くても2年くらいが寿命と考えておく方がいいです。

1年半くらいと考えておくと、いいかと思います。

ちなみに一番安いApple Watch4のGPSモデルだと約5万円します。

それを毎日使って2年しかもたないとした場合、1日あたり69円です。こう考えるとそれほど高い買い物でもないかなと思えてくるのではないでしょうか。

寿命までどれくらいか、Apple Watchのバッテリーの劣化を確認しよう

Apple Watchのバッテリーが劣化しているかどうかは、自分では確認できません。

現時点ではApple公式サイトのサポートからのリモートで確認してもらう以外にはありません。

こちらからサポートへ連絡し、Apple Watch欄から問い合わせをしてバッテリーの劣化を調べてもらいましょう。

連絡をすることで、このまま同じように使い続けた場合の、バッテリーの寿命の目安なんかがわかるかと思いますので、バッテリーの寿命が気になっているなら聞いてみるのもアリかもしれません。

Apple Watchのバッテリー寿命と劣化確認のまとめ

使い方によりますが、Apple Watchの寿命は約2年と見ておくといいでしょう。

それ以上バッテリーが持った場合は「ラッキー」と捉え、また2年より身近買った場合は潔く諦めましょう。

またバッテリー劣化の確認方法は、iPhoneのアプリなどで自分で確認する方法は今の所ありません。

Appleの公式サポートより調べることが可能になります。

参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。