AirPodsに関して
もっと知りたい場合はこちらから

AirPodsの知っておいた方がいい使い方と便利な機能!

この記事は、ワイヤレスイヤホンの中でも特にAirPodsに魅せられた三十路男による記事。

AirPodsにハマり、いろんな使い方を知りました。

また、小さいだけじゃなくたくさんの機能もあるということにも気づきました。

 

そこで今回は、AirPods初心者に向けてAirPodsにハマった三十路男が便利だと思った使い方と機能をご紹介していきます!

なくした時のために知っておくべきシリアルナンバー

AirPodsをなくしそうと思うのは私だけじゃないはず。

購入するのに2万円もしたと思うと、うかつに無くせないですよね。

 

ですが、もしなくしてしまったら、新しく片耳や充電ケースを買おうとした場合、シリアルナンバーが必要になります。

最も簡単なのは、充電ケースの蓋の裏側にあるシリアルナンバー。

それ以外にも、購入した時の箱など、全部で3つ確認する方法があります。

なくしてから調べようと思った場合、人によっては調べることができないこともあるので、今のうちにシリアルナンバーをメモしておきましょう!

※故障の時にもシリアルナンバーは必要です!

関連記事>>AirPodsのシリアルナンバーを調べる3つの方法!故障や修理に必須!

スポンサーリンク

AirPodsで電話をする方法、Line電話についても

AirPodsにはマイク機能が付いています。

音楽をや動画の音を聞くだけでなく通話も可能です。

 

友人と電話する時って、雑談的な会話が多いですよね。

そんな時、AirPodsだと、寝ながら通話できます!←個人的にすごく便利だと思いました笑

ハンズフリーでもいいんですけど、周りに会話を少しでも聞かれたくないなんて思ってるなら便利ですよ!

 

使い方は簡単。

ペアリングした状態でSiriを起動して電話をかけるか、ペアリングした状態で電話を受けるか。

たったこれだけ!

関連記事>>AirPodsで電話に出る方法とかけ方!Lineも通話できる?品質はどれくらい?

スポンサーリンク

落ちるのを防ぐ対策について

AirPodsを耳につけていると、落としそうに感じたりしませんか?

ワイヤレスで便利ですが、不安になってしまう部分。

 

別に落ちるだけならまだいいのですが、落ちて手の届かないところにいってしまったらどうしようもありませんよね。

そうならないためにも、落ちないための対策をしておいたほうがいいかもしれません。

関連記事>>AirPodsが外れるし落ちる…対策を5つ紹介!落ちてなくしそうな人必見!

AirPodsの盗難防止策

AirPodsはワイヤレスイヤホンの中で、最も人気のある商品。

海外から見るといくら平和な日本とはいえ、ものが盗まれたりするのはあり得る話。

 

なくなったらiPhoneで探すという機能を使えばいいと考えるかもしれませんが、この機能、実はあまり使えないんです…

じゃあもう打つ手はないのかというと、そうでもないんです。

 

個人的にオススメなのが、紛失防止シール。

基本的にAirPodsは使わない時は充電ケースにしまっているかと思います。

その充電ケースにシールを貼っておき、離れたら通知してくれたり、アラームを鳴らしてくれたりする優れもの。

盗難防止用に最適です!

他にも対策があるのでよかったら参考にしてみてください!

関連記事>>AirPodsの盗難防止策を4つ紹介!なくしたときにも活躍する!

音飛びや音が途切れる時の対策

AirPodsはBluetooth機能を使って音楽などを聞くワイヤレスイヤホン。

コードありのイヤホンと違い電波を使うので、不具合なんかも出る可能性があります。

 

イヤホンにとって気になる不具合が、音飛びや音が途切れたりすること。

機械なので仕方ないとも言えますが、できればない方がいいもの。

 

AirPodsも例外ではありません。

もし頻繁に音が途切れたりする場合、ペアリングを設定し直したり、Wifiとの同時接続を切ってみたり、いろいろやってみる必要があります。

関連記事>>AirPodsに接続してるのに音が途切れる時の対策と原因。音飛びも解説!

AirPodsの音漏れ対策

AirPodsは開放型のイヤホンになるために、どうしても音漏れはしてしまいます。

音漏れが気になるという人も少なからずいます。

 

それに私自身も電車内で使う際、周りの人に音が漏れていないか気になっていました。

音漏れ対策のためにできることは、カナル型のカバーをつけること。

このカバーをつけることで、つける前より音漏れを防ぐことができたと個人的には感じています。

また、耳にぴったりひっつくようになったことで、さらに耳から落ちにくくなったとも感じました。

 

さらに音質の方も、低音がよく聞こえるようになったりとメリットがたくさん。

しかし、デメリットも個人的に感じた部分があります。

 

記事にまとめたのでよかったら参考にしてみてください。

関連記事>>AirPodsの音漏れをカナル型のカバーで防ぐ!音量はどれくらい大丈夫?

AirPodsのアクセサリーについて

さすがはApple製品のAirPods。

iPhone同様、たくさんのアクセサリーが販売されています。

スキンシールや充電ケースのカバーなど。

 

その種類はありすぎて迷ってしまうほど。

あったほうがいいアクセサリーについてもまとめてあります。

関連記事>>AirPodsに関するアクセサリーを全部まとめた!あると便利なものも紹介!

AirPodsは何m離れても聞こえるのか接続距離を調査してみた

AirPodsとiPhoneはどれくらい離れても音楽が聞けるのか。

これについて私自身が実際にやってみました。

 

その結果、扉や壁がある場合は約20mまで離れても聞こえました。

また、公園の広場のように何もない場所では約50m離れても聞くことが可能です。

 

さらにSiriを同じ条件で使用しても、ちゃんと使えました。

詳しくは記事にまとめてあります。

関連記事>>AirPodsの接続距離はどれくらい?離れても操作できるのか試してみた!

AirPodsの掃除について

使っているとケースの中やAirPodsが汚れてきたりします。

気にならないという人は別にいいのですが、汚れた充電ケースより綺麗な充電ケースを持っていたほうが気分はいいですよね。

それに傷も少ないものを持っていたほうが、気持ち的に綺麗なものを使っている感じで気分もいいです。

 

AirPodsを綺麗な状態に保つために、普段から掃除をしてみてはどうでしょうか?

個人的に一番のオススメはエアーダスターです。

空気を送り出すスプレー缶のようなものになります。

これで充電ケースの中に溜まっているホコリやゴミ、AirPodsの耳に溜まった耳垢などを吹き飛ばす方法が個人的に一番傷をつけず綺麗な状態を保てるように感じます。

 

他には綿棒を使ったり、爪楊枝とティッシュを合わせて使って細かいところを掃除したりと、いろんな方法があります。

私が普段しているAirPodsの掃除方法について、記事にまとめました。

関連記事>>AirPodsの掃除のやり方!手入れをして汚れや耳垢を取り除く方法3つ!

AirPodsはどれくらいの水に耐えられるのか

AirPodsは防水ではありません。

しかし、汗や雨に濡れても使用する場合があるかと思います。

果たして、どれくらいの防水性能がAirPodsにあるのか。

 

スポーツなどをして大量の汗(拭いても止まらないような状態)はNG、雨も大雨に打たれながらの状態はNG。

※大丈夫な人もいるかもしれませんが、壊れた時のことを考えると、上記の状態で使用するのは控えたほうが無難です。

また、お風呂やプールなどで使うのは当然ながらNGです。

関連記事>>AirPodsの防水性能を全調査!お風呂やランニング等の汗でも大丈夫?

 

どうしてもプールなどでワイヤレスイヤホンを使いたい場合、AirPods以外を使用するようにしましょう!

プールなどでも使えるワイヤレスイヤホンについてもまとめてみました!

関連記事>>水泳やプール、海で使えるワイヤレスイヤホンのオススメ6選!

充電されない時の対処法について

もしかすると、今使っているAirPodsがある日突然、充電できなくなるかもしれません。

修理に出すのもいいですが、修理せずに直るかもしれません。

 

充電できない時は慌てずに、まずはコネクタ部分や充電ケースの中、AirPodsを綺麗にしましょう。

ゴミやほこりが邪魔して充電できない状態になっているのかもしれません。

 

また、購入してから1年以内であれば、シリアルナンバーと一緒にAppleへ持っていくと無償で交換してくれる可能性があります!

詳しくは記事にまとめました。

関連記事>>AirPodsが充電されない、できない時の対策!修理はちょっと待った!

片耳しか聞こえない時の対策

AirPodsを使っていると、片耳からしか音楽が聞こえないという状況になるかもしれません。

充電できない時と同様にまずは落ち着いて、慌てずにiPhoneの再起動や、AirPodsとの接続解除からの再接続。

いろいろとできるることはあります。

詳しくは記事にまとめてみました。

関連記事>>AirPodsが片耳しか聞こえない時の対処法まとめ!故障かどうか確認しよう!

AirPodsに関する使い方や設定と知っておくべき情報のまとめ

ここで紹介してきたAirPodsに関する情報は、私自身が経験したことになります。

また何か気づいたこと、知ってよかったと思える情報などが出てきたら、こちらで随時紹介していきます!

 

コードがなくなって快適になったAirPods。

AirPodsを追随するかのように、各社からいろんなワイヤレスイヤホンが出ています。

AirPodsもいいですが、他社から出ているワイヤレスイヤホンでもいいものもあります!

 

AirPods以外で、何かコスパのいいワイヤレスイヤホンをお探しの人には、5000円以下で買えるワイヤレスイヤホンのオススメをまとめてみましたので、よかったらご覧ください。

関連記事>>コスパの良いワイヤレスイヤホンおすすめ5つ!5000円以下で厳選したものを紹介!

 

また、AirPodsはなくしそうだから、なくしてもそれほど精神的ショックを受けないので、5000円以下のワイヤレスイヤホンを持っておくというのもいいかなと思います!

私は普段、通勤で音楽を聞く場合はなくしてもいいように5000円以下のワイヤレスイヤホンを使っています!

最後に…

最後にAirPodsを持って使ってみて私が感じたことを、ただただ感情に任せて書いた記事も、よかったらご覧ください笑

AirPods大絶賛な記事です笑

関連記事>>AirPodsの見た目がダサい?便利すぎなので今すぐ欲しいと思えるよう全力プレゼンする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です