【本日限定】Amazonでセール開催中

AirPodsの音質は悪い?合わない人の特徴と音質改善・調整の設定を一緒に紹介するよ!

ワイヤレスイヤホン市場では独走状態のAirPods。

多くの人が使っているのを見ると、それだけ良いものなんだろうなーと思ったりもしますよね。

 

しかし、中にはあまり良くない評価もあります。

私自身が実際に使ってみて思ったのは正直なところ、AirPodsが良いか悪いかは「人による」と個人的に感じています。

 

悪い評価のレビューなんかを見ていると、最も多く上がっているのが「AirPodsの音質」について。

個人的にはそうは思いませんが、悪いと感じている人もいるのが事実です。

 

その結果、AirPodsが合わないと感じる人もいるようで…

合わない人は耳に合わないというかサイズが合わないと感じる人なのかな?と思います。

 

そこでこの記事では、AirPodsの音質は悪いのかどうか。また、合わないであろう人の特徴についてご紹介していきたいと思います!

また、音質が気になるという人にも音質改善策・設定方法を一緒にご紹介!

AirPodsの音質は悪いの?核心に迫る!

正直な話、earpods(iPhone8以前を購入したら同封されていたイヤホンのこと)を使ってみて音質が良いと感じる人の場合、AirPodsの音質については何も問題ありません。

はっきり言って、earpodsと音質はほぼ変わらないです!

earpodsからコードがなくなることで、イヤホンとしての使い勝手がものすごく快適になり、とても満足できるイヤホンになったと個人的には断言できます。

 

しかし、AirPodsはインナーイヤー型のイヤホンとなるためにどうしても雑音が入ってしまうんですね。

雑音の少ないところで使用する場合、雑音がそれほど聞こえないので快適に使えます。

 

雑音が嫌いという人の場合は、オススメのできないイヤホンです。

雑音の大きさにもよりますが、AirPodsの音量を上げることである程度は聞こえなくすることも可能になります。

大きい音量で使うことが平気という人は、音量を上げて雑音をシャットアウトして使うのもアリです。

音量を上げて使うと耳への負担が気になるという人は、雑音が気になるという人もいるかもしれません。

 

ちなみにカフェなどで使っていると、半分の音量くらいでも周囲の人の会話や店内の音楽なども聞こえてきます。

音楽だけが聞こえてくるというのはありえません。

もちろん聞く音楽によって若干は変わってきますので、参考にしてみてください。

音質が悪いと感じる人たちは色んなイヤホンと比較している

ワイヤレスイヤホンはAirPodsだけではありません。

有名なところで言えばSONY、BOSEと言った有名メーカーのイヤホンがありますよね。

もちろんそれ以外にもあります。

音質を基準にしていくとSONYやBOSEの方が有名ではないでしょうか。

 

実際に私自身も視聴してみて思いました。

AirPodsと比較したら全然違う!!というように。

 

そして、音質を悪いと評価している人たちの多くがBOSEやSONYのイヤホンなどと音質の比較をしています。

また、形がカナル型とインナーイヤー型と違うために音質が変わってくるのは当然です。

耳へのフィット感も違うために雑音も違ってきます。

 

さらに「ノイズキャンセリング」という機能が搭載されているかどうかで、音質も全く違ってきます。

AirPodsにはノイズキャンセリング機能は搭載されていません。

関連記事>>AirPodsにノイズキャンセリングを搭載する方法は何かないのか?

 

対するBOSEやSONYのワイヤレスイヤホンにはノイズキャンセリング機能が搭載されています。

このノイズキャンセリング機能が音楽を聞く上での音質にとても関わってきます。

どう関わってくるかというと、ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンは耳につけて電源を入れると雑音が完全に消えます。

無音の世界が手に入ります。そして、一気にシーンとなります。

学校で空気の読めない発言をした子以上に静かになります(本当に)

 

その上で音楽が聞こえるので、音楽を集中して聞ける環境になります。

AirPodsはこの機能がないために、どうしてもノイズキャンセリング機能の付いているイヤホンと比較すると音質が悪いという感想になってしまうのです。

AirPodsと比較するなら同じくノイズキャンセリング機能のないイヤホンとするべきと思う

ノイズキャンセリングがあるかどうかで、音質はかなり違います。

というかもはや別物と言っても過言ではありません。

なので比較対象としては違うのでは?と個人的に思ったりもします。

でもワイヤレスイヤホンというくくりでみると、比較対象だとは思ったりも…

 

AirPodsと他のイヤホンを比較する場合、ノイズキャンセリング機能の付いていないものとするべきかなーと思ったりするんです。

そうすると、AirPodsの音質もそれほど悪くはないと感じる人もいるかなーと感じます。

AirPodsの音質改善・設定方法について

設定→ミュージック→再生欄にある「イコライザ」の順でタップしていきます。

そうすると、英字でたくさんの表記があるかと思います。

 

それぞれをタップしてみると、若干音質が変わります。

劇的に変わる!というわけではなく、選択によっては「本当に変わったの?」というくらいです…

ですが、Late Nightだけは明らかに音質が変わります。

しかし、音質は好みによるところが多いのでいろいろ選択してみて、AirPodsで気に入る音質を設定してみるのもありかと思います^^

ちなみに、選択していたら音が聞こえなくなったりするかもしれません。

単純に音量が0になるだけの可能性があるので、iPhoneの横のボタンなどで音量をあげてください(実際に私が経験しました)

AirPodsが合わない人(耳に合わない人)の特徴

もちろん私はAirPodsを推します。

しかし、口コミにあるように中にはAirPodsが合わない人がいるのも事実。

ここではAirPodsが合わない人の特徴について少しお話ししたいと思います。

耳のサイズが合わない

AirPodsのサイズは1つしかありません。

耳の穴が小さい人にとっては、不便に感じる場合があると思います。

 

というのも良くも悪くもAirPodsからはコードがなくなりました。

耳の穴が小さい人の場合、落ちる可能性が非常に高くなります。

耳の穴に軽く入っている程度なので。

その反面、耳への圧迫感がなく耳に不快感なくつけられるというメリットもありますが…

 

落ちることを防ぐための落とさないための対策ももちろんあります。

関連記事>>AirPodsが外れるし落ちる対策を9つ紹介!なくしそうな人必見!動画解説有り!

落とさないためのイヤーカバーやフックなどたくさんありますが、デメリットとして「つけたまま充電ケースに入れられない」というデメリットがあります。

これが地味に面倒です…

 

ケースに入れなかったらいいじゃん。って思うかもしれませんが、そうすると徐々にバッテリーも減っていき、使う時に音楽が聞けない!なんてことにもなりかねません。

このカバーの取り外しの手間を惜しんでも欲しい!と言う場合はAirPodsがオススメですよ!

取り外しの手間なんかを考えると、ネックストラップという選択肢が最も耳から落ちる対策になりますし、取り外しも簡単です!

雑音が嫌

ここでも述べましたが、AirPodsは少なからず雑音が入ってきます。

イヤホンで音楽を聞く上で、雑音が許せないという人もいますよね。

そんな人には、AirPodsは合わないです。

earpods程度の雑音であれば大丈夫という人にはオススメです!

 

また、電車内での電車の騒音が嫌という人にとってはオススメしません。

ただし、AirPodsを使うことで周りの人にコードが引っかからなくなる、動きやすくなるという大きなメリットもあるのも事実です。

実際に電車で使ってみた感想を記事としてまとめたものがあります。

関連記事>>AirPodsは電車内で聞こえない?音漏れは大丈夫?電車で使った感想と気になること!

カナル型のフィット感が好き

イヤホンは今までカナル型ばかり使ってきたけど、AirPodsにも興味がある…と言う人もいますよね。

そして、カナル型の付け心地に慣れているし、カナル型の付け心地の方が安心すると言う人の場合はAirPodsを使うのは控えたほうがいいと個人的に思います。

 

インナーイヤー型のほうがいいという人もいる反面、どうしてもカナル型のほうがいいという人もいます。

カナル型のこもったような音質が好きという人もいます。

なのでカナル型が好きだしカナル型のほうがいいという人の場合、AirPodsは合わないので気になるカナル型のワイヤレスイヤホンを購入することをオススメします!

ちなみにコスパのいいカナル型のワイヤレスイヤホンはPasonomiです。

結局のところAirPodsはどうなの?

earpodsの音質で問題ないという人は、AirPodsの音質を悪いと感じることはないです!

同じくらい雑音が聞こえますし、付け心地も同じくらい。サイズは本当に少しだけ大きくなる程度。

 

ノイズキャンセリング機能が外せない!そんな人にはAirPodsは合いません。

また、耳に引っかかっている程度の付け心地になるので、カナル型のような耳にぴったりフィットする付け心地のほうが好きという人にもオススメはしません。

 

AirPodsが気になる人は、実際に家電量販店へ行って、試聴させてもらうといいです!

今や専門コーナーもできるほど人気のワイヤレスイヤホン市場。

実際につけ比べてみると、その差は歴然ですよ!

 

そして、ノイズキャンセリング機能の凄さも体感してみてほしいと個人的に思います!

個人的な結論としては、発売が噂されている新型のAirPodsにはノイズキャンセリング機能が追加されるそうなので「早く発売して!」って感じです笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。