AirPodsに関して
もっと知りたい場合はこちらから

AirPodsは複数端末で使ったりペアリングできる?注意点があるから気をつけよう!

AirPodsをiPhoneとペアリングが終わった。

でも、MacとかiPadなど他の端末ともペアリングして使いたい。

そこで気になる疑問。

AirPodsってiPhoneに1つペアリングしたら登録されて、もう他の端末などとペアリング出来ないんじゃないの?なんていう心配。

AirPodsは複数の端末にペアリングして使えないのか?という疑問を、この記事では解決していきたいと思います!

AirPodsは複数端末にペアリング可能!

AirPodsはiPhoneとのペアリングが終わったら、他の端末にもペアリング出来ます!

ようはいくつでもペアリングできるということ!

 

iPhone以外にMac、iPadと使用することが可能です!

MaCとのペアリングは、iPhoneやiPadと違って、充電ケースのふたを開けるだけではできません。

関連記事>>MacとAirPodsをペアリング【接続】する方法を画像付きで解説!

 

もちろんApple製品だけではありません。

Android製品ともペアリング可能です。

 

ただし当然ながら、使えるものはBluetooth機能の付いているもの限定です(スマホやPCやタブレットでBluetooth機能が付いていないものは、今の時代ほぼないと言ってもいいので気にする必要はないですが念のために)

AirPods側がペアリングした端末を覚えるというより、端末側がAirPodsを覚えると思ったら大丈夫です!

登録がたくさんできるといった感じになります!

スポンサーリンク

複数同時に使用することはできない

複数の端末でペアリングは可能でも、複数の端末で同時に使用することは不可能です。

例えば、iPhoneとAirPodsをペアリングして使っている状態で、iPadとペアリングして使おうとしても、それは不可能です。

なのでiPhoneとペアリングした状態から、iPadにペアリングしたいと思った場合、iPhoneとAirPodsのペアリングを解除しなければいけません。

AirPodsをペアリングして使えるのは、常に1台だけということになります。

スポンサーリンク

AirPodsを複数端末でペアリングすることのまとめ

iPhoneでAirPodsを使うから、持っているiPhoneでペアリングしたら、他の端末でペアリング出来ないかというと、そんなことはありません。

他の端末ともペアリング可能です!

ただ、何かの端末とペアリングした状態から、他の端末へのペアリングをしようとしてもできません。

ペアリングしているものとの接続を解除してからでなければ、他の端末にペアリングができませんので注意してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です