【本日限定】Amazonでセール開催中

AirPodsの充電ケースの後ろのボタンは何?リセットする方法と使い方を紹介!

AirPodsの充電ケースの後ろにあるボタン。

✅Appleの事だから何か意味のあるボタンに違いない。

✅でも、何をするためのボタンなのかよくわからない。

✅付属の説明書に書いてあるんだろうけど、説明書を読むのが面倒。

✅ちょっと調べてみたら、リセットをするらしいボタンとわかったけど、何のリセットなのかよくわからない…

✅Appleの公式サイトを見てもあまりよくわからない…

そこで「AirPods ボタン」なんて調べたあなたに!

後ろのボタンの意味の解説をしていきたいと思います!

AirPodsの後ろのボタンの役割はセットアップとリセット!

セットアップとリセットの役割を果たす、充電ケースの後ろについたボタン。

どんな機能があるのかということなのですが、大きく分けて2つの役割があります。

iPhoneと接続できないときの対処法

使っていると、iPhoneとAirPodsが接続できないなんてことが出てくることもあるかもしれません。

その時に使うのが、AirPodsの充電ケースの後ろについているボタン!

 

ボタンを長押し(約5秒)することで、再接続を促すボタンになります!

また、接続を解除して、リセットする方法にも使ったりします!

 

参考までに画像で手順を解説します!

通常AirPodsの充電ケースを開けると真ん中のライトは、AirPodsが満充電の場合は緑、充電が減っている場合はオレンジ色が付きます。

画像の場所です(画像では満充電なので緑色です)

AirPodsとiPhoneが接続された状態で、後ろのボタンを長押し(約5秒)すると、真ん中のライトが白の点滅状態になります。

※AirPodsをリセットする方法でもあります。

そして、点滅したら接続が解除されたということです。

 

接続が解除されたかどうかは、一度蓋を閉じて、再度iPhoneの近くで蓋を開けてみると画像のように接続画面が出てきます。

後ろのボタンはリセットやセットアップボタンと言われます。

リセットは、一度登録を解除してAirPodsで設定していた事を解除するといった感じです。

 

例えば、AirPodsをダブルタップして次の曲へ飛ばす設定や、音量調節などと設定したものを初期設定に戻すといった事です。

ダブルタップして次の曲へ曲送りする方法や音量調節などは記事にまとめました。

関連記事>>AirPodsの音量調節と次の曲への操作方法!ダブルタップだけで曲送りはできる!

 

セットアップの場合は、使えるようにするという事です。

セットアップとはハードウェアやソフトウェアを使える状態にすること。引用:コトバンク

AirPodsの場合は、蓋をあけると自動接続し、勝手にセットアップ状態になります。

言い方は違いますが、リセットもセットアップのどちらも同じ意味と思っていただいて大丈夫です!

Androidに接続する時に使う

AirPodsをAndroidで使いたいという人も少なからずいますよね。

iPhoneなら蓋をあけるだけで接続できたAirPodsですが、Androidでの接続は少し違ってきます。

 

Androidでの接続に使うのが充電ケースの後ろのボタンです。

まずは蓋を開けた状態で、Androidの近くに持っていきます。

そして、後ろのボタンを長押しする事で、AirPodsとAndroidがペアリング(Bluetooth接続された状態の事)されます。

 

iPhone同様に、使うたびにケースから出すとAndroidも自動でペアリングされます(慣れると自動での@ペアリングがすごい便利と感じます)

AirPodsの充電ケースの後ろのボタンまとめ

基本的な機能は2つ!

✅接続された状態からリセットする事(初期状態に戻す)、セットアップするためのもの

✅Androidに接続する際に使うもの

以上が充電ケースの後ろのボタンの役目になります!

参考までに覚えておいて損はないかと思います!

また、AirPodsに何かあった時に知っておいたほうがいい事に関して記事にまとめました。

またAirPodsの基本的な使い方から、知っておくと便利なこと、故障する前に知っておいた方がいいことなどをまとめた記事があります。

関連記事>>AirPodsの便利な使い方と知っておくべき設定や操作を全部まとめてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。