【本日限定】Amazonでセール開催中

AirPodsのバッテリーの充電確認する方法3つ!残量が表示されない時の対処法も紹介!

この記事ではAirPodsのバッテリー残量を確認する方法について解説しています。

ワイヤレスになって快適になったAirPods。

しかし、今までのイヤホンと違いAirPods自体に電池が内蔵されています。

そのために、バッテリーが切れたら使えなくなるというデメリット。

使えなくなったら困るので、あらかじめAirPodsの充電確認をしておくと、未然に防ぐことができます。

 

でも、どうやってAirPodsのバッテリーの残量を確認するんだろう?

そんなあなたのために!

AirPodsの充電確認をする3つの方法について、まとめてみました!

ちなみに、AirPodsを使用中(両耳、片方のどちらの場合でも)は蓋を開けての残量確認はできませんので注意してください。

※iPhoneだけでなく、Macでのバッテリーの残量を確認する方法についても解説してます。

iPhoneの近くでAirPods入りの充電ケースを持っていき蓋を開けてバッテリーの残量を確認する

最も簡単にバッテリーの残量を確認するのが、この方法です。

AirPodsを充電ケースに入れた状態で、さらに蓋を開け、iPhoneの近くに持っていくだけ!

そうすると画像のような画面が出てきます。

これでバッテリーの残量の確認が終わりました。

充電ケースに入れずにiPhoneのウィジェット機能だけで残量がわかる

一番簡単なAirPodsのバッテリー残量確認の方法は、iPhoneの近くで充電ケースのふたを開けることでした。

ですが、いちいちAirPodsを充電ケースに入れずに充電の確認をする方法もあるんです。

 

それがiPhoneのウェジェット画面から見る方法になります。

ウィジェット画面とは、ロックを解除したiPhoneのホーム画面から、左から右にスワイプすると出てくる画面のこと。

こんな感じで表示されます。

しかし、AirPodsの電池の残量を表示する画面がない!

そんな人もいるかと思います。

 

その場合は、上記のようなウィジェット画面を出したら、一番下の画面まで行きます。

そうすると編集という言葉が出てくると思いますので、編集という言葉をタップしてください。

そして、「ウィジェットを追加」という画面が出てます。

 

そこからさらに下へスワイプしていくと「バッテリー」という項目があるので、バッテリーという言葉の左にある「+」記号をタップしてください。

 

そうすると、ウィジェット欄に「バッテリー」が追加されます。

 

追加されたことを確認したら、ウィジェット画面から上へスワイプしてみましょう!

そうすると、先ほどご紹介した画像とはちょっと違う、AirPodsのバッテリー残量の確認画面になります!

 

また、この方法ですと、片方ずつのAirPodsの電池の残量の確認も出来ます!

画像では100%ずつですが、片方づつバッテリーの残量を確認もしています。

片方だけでよく使うなんていう人には、こちらの確認方法のほうがいいかもしれませんね!

※ちなみに片方ずつの充電確認の場合は、iPhoneかiPadとAirPodsがペアリングされた状態のみ表示されます。Macに接続された状態でiPhoneで充電確認しても片方ずつの残量はわかりませんので、注意が必要です。

Siriに充電確認してもらい、残量を教えてもらう

AirPodsをダブルタップし、Siriを起動します。

※ちなみにダブルタップをする場所は画像を参照してください。赤丸の部分です。

 

Siriを起動したら「エアーポッズの充電残量」と話しかけてみてください。

そうすると、画像のような表記がされます。

 

またSiriを起動した場合、音楽を聞いている最中の音量調節や、次の曲への曲送りなどもSiriで可能です。

他にはダブルタップでも可能です!

詳しくは記事としてまとめました。

関連記事>>AirPodsの音量調節と次の曲への操作方法!ダブルタップだけで曲送りはできる!

AirPodsのバッテリーの残量が表示されない時の対処法

バッテリーの残量が表示されない時があります。

私自身も経験しました。

私がAirPodsのバッテリー残量が確認できなかった時の対処法をご紹介していきます。

iPhoneの近くでAirPodsの充電ケースの蓋を開け閉めし続ける

何回か蓋の開け閉めをしていると、残量が確認できました。

「何回くらいすればいいの?」と疑問になる人もいるかと思いますが、私が確認できた時の回数はその時によって違ったので具体的な回数は人によるということになってしまいます…

iPhoneの近くでAirPodsの充電ケースの蓋を開けたまましばらく待つ

AirPodsのバッテリー残量を確認する際に蓋の開け閉めだけじゃなく、蓋を開けたまましばらく待つと残量が表示されるようになりました。

こちらは先ほど紹介した蓋の開け閉めをやってみてダメだった時に解決した方法です。

私の経験では約5秒ほど待つと、残量が表示されるようになります。

ペアリングを解除して再接続する

ペアリングを解除し、再接続するとバッテリーの残量も表示されることがあります。

ペアリングの解除をする方法は、iPhoneの設定からBluetooth機能の中にあるAirPodsの接続をタップし、解除するだけ。

もしくは、充電ケースの後ろのボタンを長押しして解除します。

詳しくは記事にまとめたものがあります。

関連記事>>AirPodsの充電ケースの後ろのボタンは何?リセットする方法!

ペアリングの解除が終わったら、あとはiPhoneの近くで充電ケースの蓋を開けてペアリングし直すだけです。

それでもペアリングができなかった時は、iPhoneの設定→Bluetoothからペアリングを行ってください。

もしペアリングのやり方を覚えていない、知らないという場合は、画像付きでまとめた記事があるのでご覧ください。

関連記事>>AirPodsをiPhoneに接続(ペアリング)する2つの方法を画像付きで解説!

AirPodsの電池の残量を確認することのまとめ

バッテリーの残量を確認する方法は、基本的にはAirPodsを充電ケースに入れたまま、蓋を開けた状態でiPhoneの近くに持っていくだけ!

すごく簡単に電池の残量を確認できます!

①充電ケースとイヤホンの残量を知りたいなら、充電ケースに入れたAirPodsをiPhoneの近くに持っていってふたを開ける方法!

②AirPodsの残量だけ知りたい、片耳ずつ残量をしりたいなら、iPhoneかiPadを右にスワイプして残量確認!

③充電ケースに入れて確認は面倒、iPhoneの画面を見るのが面倒な場合は、Siriに「エアーポッズの充電残量」と話しかける!

人によっては残量の確認の方法が異なってくるかと思いますので、この記事で自分と相性の良さそうな残量確認の方法を選んでください!

 

また、バッテリーの残量が表示されない時は以下の3つの対処法で私は解決しました。

①iPhoneの近くで蓋の開け閉めを何回かする。

②iPhoneの近くで蓋を開けて約5秒ほど待つのを繰り返す。

③ペアリングを一度解除してペアリングをやり直す

バッテリーの残量を確認する以外にも、普段から確認しておいた方がいいことなど、知っておいたほうがいいAirPodsの設定方法についてまとめました。

記事にまとめたので、よかったら参考にしてみてください。

関連記事>>AirPodsを買ったらまず行うべき設定と操作法について!初心者必見!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。