AirPodsに関して
もっと知りたい場合はこちらから

AirPodsの電池(バッテリー)の残量を確認する3つの方法!充電確認をして音楽が聴けないことを防ごう!

ワイヤレスになって快適になったAirPods。

しかし、今までのイヤホンと違い、AirPods事態に電池が内蔵されている。

そのために、バッテリーが切れたら使えなくなるというデメリット。

使えなくなったら困るので、あらかじめAirPodsの充電確認をしておくと、未然に防ぐことができる。

 

でも、どうやってAirPodsのバッテリーの残量を確認するんだろう?

そんなあなたのために!

AirPodsのバッテリー(電池)残量を確認する3つの方法について、まとめてみました!

iPhoneの近くに蓋の開いたAirPods入りの充電ケースを持っていく

最も簡単にバッテリーの残量を確認するのが、この方法です。

AirPodsを充電ケースに入れた状態で、さらに蓋を開け、iPhoneの近くに持っていくだけ!

そうすると画像のような画面が出てきます。

これでバッテリーの残量の確認が終わりました。

スポンサーリンク

ウィジェット機能を使ってみる

iPhoneのウェジェット画面から見る方法もあります。

ウィジェット画面とは、ロックを解除したiPhoneのホーム画面から、左から右にスワイプすると出てくる画面のこと。

こんな感じで表示されます。

しかし、AirPodsの電池の残量を表示する画面がない!

そんな人もいるかと思います。

 

その場合は、ウィジェットを出し、一番下の画面まで行きます。

そうすると編集という言葉が出てくると思いますので、編集という言葉をタップしてください。

そして、「ウィジェットを追加」という画面が出てます。

 

そこからさらに下へスワイプしていくと「バッテリー」という項目があるので、バッテリーという言葉の左にある「+」記号をタップしてください。

 

そうすると、ウィジェット欄に「バッテリー」が追加されます。

 

追加されたことを確認したら、上へスワイプしてみましょう!

そうすると、先ほどご紹介した画像とはちょっと違う、AirPodsのバッテリー残量の確認方法です!

 

また、この方法ですと、片方ずつのAirPodsの電池の残量の確認も出来ます!

画像では100%ずつですが、片方づつバッテリーの残量を確認もしています。

片方だけでよく使うなんていう人には、こちらの確認方法のほうがいいかもしれませんね!

Siriに充電確認してもらい、残量を教えてもらう

AirPodsをダブルタップし、Siriを起動します。

※ちなみにダブルタップをする場所は画像を参照してください。赤丸の部分です。

 

Siriを起動したら「エアーポッズの充電残量」と話しかけてみてください。

そうすると、画像のような表記がされます。

 

またSiriを起動した場合、音楽を聞いている最中の音量調節や、次の曲への曲送りなどもSiriで可能です。

他にはダブルタップでも可能です!

詳しくは記事としてまとめました。

関連記事>>AirPodsの音量調節と次の曲への操作方法!ダブルタップだけで曲送りはできる!

AirPodsの電池の残量を確認することのまとめ

バッテリーの残量を確認する方法は、基本的にはAirPodsを充電ケースに入れたまま、蓋を開けた状態でiPhoneの近くに持っていくだけ!

すごく簡単に電池の残量を確認できます!

人によっては残量の確認の方法が異なってくるかと思いますので、この記事で自分と相性の良さそうな残量確認の方法を選んでください!

バッテリーの残量を確認する以外にも、普段から確認しておいた方がいいことや、AirPodsを使った生活をもっと便利にする方法などもあります。

記事にまとめたので、よかったら参考にしてみてください。

関連記事>>AirPodsの便利な使い方と知っておくべき設定や操作を全部まとめてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です